ここから本文です

さだまさし、「鬼平犯科帳」ファイナルに出演!「撮影はイメージ通り」

cinemacafe.net 9/30(金) 19:15配信

数多くの視聴者を魅了し続けてきた「鬼平犯科帳」シリーズが、今年12月の2夜連続放送(前編・後編)をもって、いよいよファイナルを迎える。この度、ファイナルの後編「鬼平犯科帳 THE FINAL 後編 雲竜剣」にさだまさしがゲスト出演することが明らかとなった。

【写真】中村吉右衛門&さだまさし/「鬼平犯科帳 THE FINAL」

江戸時代後期、盗賊・凶賊たちから「鬼の平蔵」と恐れられた、火付盗賊改方長官・長谷川平蔵を描いた池波正太郎の人気小説「鬼平犯科帳」(文春文庫刊)。1989年に中村吉右衛門主演でドラマがスタートして以来、2001年5月まで連続ドラマとして全137本、2005年2月放送の「鬼平犯科帳スペシャル 山吹屋お勝」から昨年12月放送の「鬼平犯科帳スペシャル 浅草・御厩河岸」まで単発のスペシャルドラマとしては12本、計149本を放送してきた。これまで長きにわたってファンを魅了し続けてきた「鬼平犯科帳」は、今回の前後編をあわせ、シリーズ通算150本目をもってついにファイナルを迎えるのだ。

先日、前編に若村麻由美、谷原章介、渡辺大、平泉成ら。後編に田中泯、中村嘉葎雄、木下ほうか、石倉三郎ら、そして前後編を通じて尾上菊之助、橋爪功がゲスト出演を果たすことがすでに発表されている。

そして今回新たに発表されたさださんが演じるのは、町中の白玉売り。原作を何度も読み返すほど、生粋の「鬼平犯科帳」ファンで、オファーを聞いた際には、「出るに決まっているだろ!」と即答したそう。本編では、白玉を売っていると中村さん演じる長谷川平蔵が、それを買おうと立ち寄るというシーンが描かれるようだ。

実際に出演したさださんは「ちょっと通りすがるとか、その程度だろうなと思っていたんですが、セリフがあるとは(笑)。まさか、吉右衛門さんと絡むお芝居をさせていただけるなんて想像もしていないですから、台本をいただいた際にはちょっと震えましたね」と想像以上の出来事に驚きを隠せない様子。また、出演シーンはわずかであったにも関わらず、自ら売り声名人の宮田章司のもとに出向き、当時の白玉売りの売り声を学ぶなど、1か月ほどの入念な役作りを行ったそう。その結果あってかさださんは「撮影はイメージ通りに行うことができました」と自信を見せていた。

さらに、今回ファイナルを現場で見送ることについてさださんは「ファンとしましては、大好きなプロ野球選手の引退試合を、ダッグアウトの中で見せていただいているようなもの」と例え、「僕は、『鬼平犯科帳』のダッグアウトの中に入らせていただいたんですね、すごいことですね、送りバントもできなかったかもしれませんけど(笑)。例え、数秒間でもファイナルの作品に出させていただいたことは幸せ過ぎ」と思いを語った。

「鬼平犯科帳 THE FINAL 前編 五年目の客/後編 雲竜剣」は12月2日(金)、12月3日(土)21時~フジテレビにて放送。

最終更新:9/30(金) 19:15

cinemacafe.net