ここから本文です

必見!“手塚治虫タッチの初音ミク”イラスト公開

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/30(金) 16:43配信

手塚プロが、11月11・12日に行われる「冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』」のために描き下ろした“手塚治虫タッチの初音ミク”イラストが公開された。

【詳細】その他のイラストはこちら

今年5月に他界した作曲家・世界的シンセサイザーアーティストの冨田勲は、1960年代より、「ジャングル大帝」や「リボンの騎士」など、手塚治虫の数多くのアニメ作品の音楽を手掛けたことで知られる。当時、実写よりも下位にみなされていたアニメというジャンルの音楽にあって、冨田は斬新な技法と豊かなメロディを惜しげもなく投入し、世代を超えた多くの人々に広く支持された。

手塚プロは、手塚アニメの音楽面における代名詞ともいえる存在であった音楽家の逝去にあたり、哀悼とその活躍への敬意を表すべく動いた。同じく冨田の創作に携わってきた、クリプトン・フューチャー・メディアがこれに協力。そしてこの度、冨田の晩年のパートナー的存在である初音ミクとコラボレーションし、本公演に向けた“手塚治虫タッチの初音ミク”イラストを制作されるに至った。

来年2017年は、冨田勲の生誕85年、そして手塚治虫の生誕90年、さらに初音ミクの最初のソフトウェアが発売されてから10年という、三者それぞれにとっての記念イヤーにあたり、それぞれ今後の展開も期待されている。なお、この“手塚治虫タッチの初音ミク”イラストはグッズ化され、11月の「冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』」公演の会場で特別限定発売される予定。

さらに、冨田が手がけた手塚アニメ音楽の貴重な劇伴音源を集めたCD-BOX(5枚組)が、11月9日にリリースされることも発表。「ジャングル大帝」「リボンの騎士」はもちろんのこと、「どろろ」「ビッグX」のほか、劇場公開された大人向けアニメ「千夜一夜物語」「クレオパトラ」なども系統だてて収録。これまで、これらの劇伴音楽は音盤用に再録音されたことはあったものの、フィルムにつけられた当時の“オリジナル”な音源が音盤化されたことはなく、まさにファン待望のリリースとなる。

(C)手塚プロ

リリース情報
2016.11.09 ON SALE
ALBUM『冨田勲 手塚治虫作品 音楽選集』

ライブ情報
冨田勲 追悼特別公演
冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』
11/11(金) 東京・Bunkamuraオーチャードホール
11/12(土) 東京・Bunkamuraオーチャードホール

冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』イベントサイト
http://www.dr-coppelius.com/

最終更新:9/30(金) 16:43

M-ON!Press(エムオンプレス)