ここから本文です

国土交通省、車両搭載センシング技術を公募---特車通行許可を迅速化

レスポンス 9/30(金) 11:45配信

国土交通省は、特車通行許可を迅速化するための道路基盤地図データの収集に向けて、車両搭載センシング技術を公募する。

国土交通省生産性革命プロジェクトで、特大トラック輸送の機動性強化を図るため、電子データを活用した自動審査システムを強化し、特車通行許可を迅速化することが掲げられた。これを実現するため、国交省は、道路管理用車両に搭載して効率的に道路基盤地図データを収集するためのセンシング技術を公募する。

公募する技術は、道路面上の車道交差部の形状、区画線、距離標、標識、バス停などの位置情報を走行車両から、主要地物の位置情報(緯度・経度・標高)を3次元で取得する技術と、主要地物の位置情報(緯度・経度)を2次元で図化できること取得する技術。

自動的に標準偏差25cmを満たす精度を確保できることと、導入コスト、運用コストも含め低価格であることを求めている。

公募期間は10月18日まで。

今後収集するデータについては、自動運転車の道路基盤地図への活用も検討していく。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/30(金) 11:45

レスポンス