ここから本文です

左目骨折の唯月ふうか10・4テレ東「おはスタ」でナマ仕事復帰

東スポWeb 9/30(金) 14:28配信

 左目を骨折し手術した女優の唯月(ゆづき)ふうか(20)が仕事復帰することが30日、わかった。

 仕事復帰第1弾は10月4日のテレビ東京の情報バラエティー「おはスタ」生出演。唯月は同番組の準レギュラーを務めている。

 翌5日には玉城裕規(30)とW主演したウェブムービー「先生に恋した夏」の上映会前に行われる舞台あいさつに登場する。

「先生に恋した夏」はベリーグッドマンの「Eye to Eye」と、2人組美人シンガーのSoftlyの「あなたのことを想って指先でなぞる文字は」という2曲をモチーフに制作された切ないラブストーリー。唯月は、臨時美術教師に恋する女子高校生を演じた。

 この日、自身のツイッターを更新して同ムービーに触れ「とっても嬉しい(^^) ぜひ一緒に楽しみましょうね」と伝えている。

 その後は、ミュージカル「クロスハート」(12月9~28日)の稽古と、それに先立つ「クロスハートLIVE」(11月11~13日)を控え、これまで以上に、芸能活動をしていく予定だ。

 唯月は先月16日、舞台「ピーターパン」大阪公演の稽古中に宙づりの状態から落下。左目の「眼窩底吹き抜け骨折」と診断され入院・手術した。今月1日には退院して順調に回復している。

最終更新:9/30(金) 14:37

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]