ここから本文です

【凱旋門賞】坂口師 シャンティイは「4コーナーが勝負ポイント」と分析

デイリースポーツ 9/30(金) 6:05配信

 「凱旋門賞・仏G1」(10月2日、シャンティイ)

 今年5月のイスパーン賞を、エイシンヒカリで制した坂口師は「シャンティイは日本馬に対応しやすいコース」と分析。「パドックの時間が短いし、馬場も近くて融通が利く。調整している小林智厩舎からも近いし、マカヒキにとって競馬はしやすい」と説明する。

 一方で、「コースは広いけど、最後のコーナーが急で外に振られる。先行脚質の馬ならいいが、多頭数になると、差し馬はだいぶ外を回さないといけなくなる」と指摘。4コーナーで他馬の影響を受けず、自ら動ける位置を取れるかが、勝敗のポイントとした。

最終更新:9/30(金) 8:50

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ