ここから本文です

「アメトーーク」日曜日ゴールデンの放送決まるも「深夜よりエグい」内容に芸人も困惑

cinemacafe.net 9/30(金) 19:52配信

人気バラエティー番組「アメトーーク」が週2回放送されることになり、「日曜もアメトーーク!」制作発表記者会見が9月30日(金)にテレビ朝日にて行われ、MCを務める雨上がり決死隊(蛍原徹、宮迫博之)のほか、初回に出演する田中卓志、カズレーザー、村上健志、狩野英孝が出席した。

【画像】宮迫博之&蛍原徹

「アメトーーク」は、2003年4月に月曜日深夜帯で放送を開始して以来、様々な企画で話題を呼び、テレビ朝日の看板番組として13年続く人気を誇っている。今後ますますパワーアップすべく、現在放送されている木曜夜のレギュラー放送はそのままに、日曜日のゴールデンタイムにも放送が決定した。

日本のバラエティ番組では、異例ともいえる週2回放送。最初に聞いたとき、宮迫さんは「年齢が50前なので、まじか、と。のちのち誰か、代役でMCやってる可能性もありますよ」と毒づきながらも、「週2回やらせてもらうのは初めてのことなので、大役を任されたのはうれしいです」とやる気を見せた。同じくMCの蛍原さんは、「うれしかったです。やっときたか、と。帯(放送)を目指していますので」としゃがれた声で意気込むと、宮迫が「途中からパントマイムになりますよ」と声が出ていないことに突っ込んでいた。

記念すべき第1回目は、木曜日に放送していた人気企画「芸人体当たりシミュレーション」が収録された。番組が用意した様々な体当たり競技を芸人たちがシミュレーションするものだが、田中さんは、「ゴールデンにいくと、コンプライアンスとかがあるから企画がゆるくなるのかなと思ったのに、深夜よりエグくなってて、意味が分からないんですけど」と大声で叫ぶと、カズレーザーさんも「何で、ゴールデンで熱した鉄板に乗せられてるのかな? テレ朝の上層部ってどうなってるのかなって思った(笑)」と、手加減なしの内容を暴露。

村上さんは、「若手芸人からしたら登竜門なので、週2回に増えるのはチャンスですよね」とうれしそうにしたが、狩野さんが「チャンスが増えると思うなんて三流。確かに登竜門だから、どんどんスターが生まれてくる。僕らがもしかしたら押されていなくなる可能性もあるので、うかうかしていられない。危機感を持つのが、えーっと…二流?」と、まさかの「二流」言い間違い発言に、宮迫さんから「一流やろ! 出ているうちは一流になられへんみたい」と、きつく突っ込まれていた。

「日曜もアメトーーク!」は10月16日18時57分よりテレビ朝日系にて放送、初回2時間スペシャル。

最終更新:9/30(金) 19:52

cinemacafe.net