ここから本文です

ダメダメだけどモテモテ?松田龍平主演「ぼくのおじさん」最新予告編が公開

映画ナタリー 9/30(金) 12:00配信

松田龍平が主演、山下敦弘が監督を務める「ぼくのおじさん」の予告編第2弾が、YouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

北杜夫の児童文学をもとにした本作は、兄の家に居候する変わり者のおじさんと、しっかり者の甥っ子・雪男の姿を描くコメディ。おじさんを松田、雪男を大西利空が演じ、真木よう子、戸次重幸、寺島しのぶ、宮藤官九郎、戸田恵梨香らも出演した。

「子ども編」と題されたこの予告編では、周りにいる大人について作文を書くことになった雪男が、おじさんのダメダメな姿を描写。大学の臨時教師であり哲学者を自称するおじさんが「現代の哲学者はマンガを語れないようでは失格だ」とうそぶきだらだらとマンガを読みふける場面や、小学生に交じってサッカーをするも運動音痴ぶりを露呈するシーンが並ぶ。しかし後半には、おじさんのお見合い相手であるエリーが雪男に「素敵なおじさんだと思うな」と話す場面や、雪男の担任・みのり先生が「おじさんのファンになっちゃったもの」と言うシーンが。おじさんが、一部の女性からは魅力的に見える人物であることがわかる。

「ぼくのおじさん」は11月3日より全国にてロードショー。



(c)1972北杜夫/新潮社 (c)2016「ぼくのおじさん」製作委員会

最終更新:9/30(金) 12:00

映画ナタリー