ここから本文です

【仮面女子】東大卒・桜雪の目標は「アイドル版・池上彰」

東スポWeb 9/30(金) 14:45配信

 地下アイドルグループ「仮面女子」に所属する東大学士アイドル・桜雪(23)が初の自著「地下アイドルが1年で東大生になれた! 合格する技術」を発売した。今年3月に東京大学を卒業した桜雪。一度はアイドル卒業を決めながら、芸能界一本で生きていく決意をした理由、知られざる苦悩の日々を明かした。

 ――このほど受験本を発売した

 桜雪:受験生のときから東大合格を目指す受験ブログを更新していて、合格したら、受験本を出したい気持ちを持っていました。今年3月に東大を卒業する節目にようやく実現しました。合格する技術なども紹介しているんですけど、勉強するときに「何から手をつけていいのか分からない」という人が本当に多くて、手をつける前に心が折れてしまう。どう軌道に乗れるかが大事なので、まずは勉強の科目の中で“推しメン”を作る。そこが完璧になったら、他に手をつけるとか。

 ――高校時代から受験勉強とともにアイドルとして活動開始

 桜:部活とNHK児童合唱団を両立して高校生活を送っていたんですけど、高校2年が引退の年で燃えるものがなくなってしまって…。それで勉強にも身が入らなくなってしまったんです。また打ち込めるものがあれば、勉強も頑張れるかなと考えていたとき、今の事務所に出会ってオーディションを受けました。事務所から“受験生アイドル”として売り出されて「まさか!?」って。

 ――二足のわらじは大変だった

 桜:最初はお仕事がなかったので(苦笑い)。自分の活動を“受験ブログ”として書いたり、高校生のうちは細々と活動してましたね。

 ――見事に東大に合格した

 桜:東大受験生アイドルだったので、落ちたらどうしようと…。ネットなどで「落ちろ!」「舐めてんじゃない!!」などとすごく炎上してしまってもいました。バカにしてきた人たちをギャフンと言わせたいという思いもありました。だから合格したときは一気に緊張の糸が切れました。

 ――東大生アイドルとして過ごした4年間は

 桜:本当にあっという間でした。合格してから、すぐにアイドルグループとしてデビューして、1年の冬には秋葉原に常設劇場もできました。その翌春には仮面女子が結成されて、6月から毎日劇場でライブをする生活が始まったんです。地上波のテレビ番組にも出させていただけるようになって、寝る時間もなくて、ライブなどの休憩時間も大学の課題をしないとやりくりできない。家に帰ってからも、朝方まで勉強する生活でした。

 ――大変だ…

 桜:その結果、大学時代は遊びも友達も…ゼロというか(苦笑い)。4年間で一度も飲み会に行ったこともなかったですよ。でも、3年時から心理学を専攻して、その仲間はライブに来てくれたり、先生もファンになってくれて、Tシャツを着て応援に来てくれたこともありました。

 ――卒業後、就職を選ばずにアイドルとして活動することを決断した

 桜:親は頻繁に「○○君は官僚」とかと言うようになって。家に帰ると、公務員資料が置かれるようにも。テレビを見せられて「あなたはこんなふうになれないわよ」とも言われました。実際、一度アイドルを卒業することを考えて、就職活動を始めたときもあったけど、やっぱり未練があって、こんな気持ちを抱えたまま他の仕事をできるのか、と。自分が堂々とできる仕事をしたいと親に話して。卒業後の4月からは一人暮らしを始めて、「芸能で稼いだお金で年金も払うし、何でもするから」と頑張っています。最初は反対していた親も応援してくれるようになりました。

 ――受験本出版は親も喜んでいるのでは

 桜:久しぶりに実家に帰ったら、私の本が家にたくさんあって、「これはおばあちゃんに送るから、サインして!」って。喜んでくれてるんだって思いましたね。お父さんからも「書店で平積みになってたよ」と写真を撮って送ってくれたりとか。周りの反響を伝えてくれるので、親も喜んでくれるかなと思います。

 ――今後は

 桜:目の前にある目標は情報番組や報道番組で、私の等身大の意見を伝えるお仕事ができたら。ニュースとか時事的な問題は知らなきゃと思いつつも、興味を持ちづらいと感じています。もっとみんなが持ったら、選挙の投票率も変わるかもしれない。「選挙行こうぜ!」(秋葉仮面=新有権者を応援し選挙を盛り上げるユニット)という曲を出したんですけど、活動を通して、初めて選挙に行ったというファンの方もいました。「歌詞に書いてあるから円高とかの意味が分かった」と言ってくださって。歌という場やコメンテーターなどどんな立場でも分かりやすく解説できたらというのが目標です。

 ――「アイドル版・池上彰」のようだ

 桜 池上彰さんみたいに本当になりたくて。いろんな国に行って、自分でも取材してみたいです。“アイドルジャーナリスト”もいいですよね。あとは、黒柳徹子さんみたいに世界に認められるような、芸能人を超えてユニセフの活動をしたりとか、国際貢献までできるような人になれたらうれしいです。

☆さくら・ゆき=1992年12月12日生まれ。三重県出身。東京学芸大学付属高等学校在学時から東大受験生アイドルとして活動し、2012年に東京大学文科三類に合格。同年6月、アイドルユニット「OZ」のメンバーとしてデビュー。同10月に「スチームガールズ」メンバー、14年に「アリス十番」に昇格し、地下アイドルの現役東大生として活躍した。今年3月に東京大学文学部行動文化学科心理学専修課程を修了。現在は東京大学学士アイドルとして活躍している。

最終更新:9/30(金) 14:52

東スポWeb