ここから本文です

溢れ出る制作意欲と衝動。syrup16g、ツアーに向け新作アルバムが急きょ完成

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/30(金) 18:19配信

syrup16gが、11月16日に8曲入りニューアルバム『darc』をリリースすることが、突然発表された。

【詳細】他の写真はこちら

2016年冬のツアー『HAIKAI』に向けて、新曲を何曲か作ろうかなと軽い気持ちでスタジオに入ったところ、制作意欲と衝動が溢れ出し、結果的に8曲入りのアルバムを完成させることになったとのこと。

今作の最大の特徴は、生々しさと深度。エンジニアにsyrup16gの最初期を知る渡辺修一氏を迎え、1stアルバムの『COPY』を今、作ろうという気持ちで制作されたという。

今作も演奏陣は3人だけで、使用楽器はギター、ベース、ドラムスのみ。ベーシック部分はダイナミックな一発録り。ギリギリのスリーピースの限界に挑みつつ、さらに豊かなアンサンブルを求めた結果が詰まっている。

短期間に次々と生まれてきた8曲は、バラエティに富み、ソングライター五十嵐隆の奥深さを感じさせるもの。

歌詞は、暗喩とダブルミーニング、踏韻が、いつにも増して異常な切り口で迫ってくる。不条理、後悔、孤立、最果て、そんな先にあるかないかの希望を歌っており、こちらも五十嵐節満載だ。

36分のアルバムは中毒性の高いアルバムに。8曲に通底するテーマが、再生が終わるたびに、またスタートボタンを押させる。

なお、アルバムの最後に収録される「Rookie Yankee」は、すべての収録曲が決まって、すでにレコーディングが進んでいる途中であらたに生み出された曲とのこと。突然増えた収録曲に対応するため、スケジュールをやりくりして、滑り込みでなんとか収録できたという。この曲がこのアルバムのすべてを言い表しているような気がする、とはスタッフの弁。

なお、ツアー『HAIKAI』に先がけて、11月1日に東京・下北沢CLUB Queにて『darc』収録曲世界最速披露会を開催。CLUB Queでのワンマン公演は、2002年以来、実に14年ぶりとなる。この日のライブでは『darc』収録曲8曲すべてを演奏する意気込みだという。

本日9月30日、19時よりオフィシャルサイトにてチケット販売受付がスタート。この機会をお見逃しなく。

リリース情報
2016.11.16 ON SALE
ALBUM『darc』

ライブ情報
「HAIKAI」前夜 ニューアルバム『darc』収録曲世界最速披露会
11/01(火) 東京・下北沢 CLUB Que

syrup16g tour 2016 『HAIKAI』
11/22(火) 石川・金沢 EIGHT HALL
11/25(金) 宮城・仙台 Rensa
11/27(日) 北海道・札幌 PENNY LANE24
12/02(金) 福岡・DRUM LOGOS
12/04(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
12/07(水) 大阪・なんばHatch
12/09(金) 愛知・Zepp Nagoya
12/14(水) 東京・Zepp Tokyo
12/15(木) 東京・Zepp Tokyo

syrup16g OFFICIAL WEBSITE
http://www.syrup16g.jp/

最終更新:9/30(金) 18:19

M-ON!Press(エムオンプレス)