ここから本文です

【インタビュー】吉田羊&滝藤賢一が芸能スクープを巡り激論!?

cinemacafe.net 9/30(金) 21:00配信

写真週刊誌で、芸能&事件班とグラビア班を取り仕切る副編集長にして、次の編集長の座を狙うライバル同士。吉田羊と滝藤賢一がこの役を演じると聞いただけで、よく知りもしない写真週刊誌の編集部の様子がなぜかリアルにイメージできてしまう。

【画像】芸能スクープについて語る吉田羊&滝藤賢一

校了前の“戦場”と化した編集部で、大声を張り上げ、互いのやり方を認めずに丁々発止の激論をぶつけ合う。実は若いときからなぜか対抗意識を持っていて…そんな、時間を超えたドラマ性まで妙にリアリティをもって想像させてしまうのは、この2人の演技力の高さ、絶妙な存在感ゆえである。この数年、次々と話題の作品に出演して注目を浴び、いまや日本映画界に欠かせない引っ張りだこの人気俳優となったという点でも共通している2人が、映画『SCOOP!』および、お互いについて、知られざる、とっておきの特ダネも…?

――普段は、パパラッチに狙われる側であるお二人が本作では狙う側の写真週刊誌の副編集長を演じられていますね。

滝藤:僕なんて狙われたことないよ!

――いやいや、きっと虎視眈々とパパラッチが狙ってますよ(笑)。

滝藤:そうなの(笑)?

吉田:演じてみて「こういう風に(スクープの撮影を)やっているのか!」と興味深かったですね。実際、本物の張り込みの現場の様子の映像なども見せていただいたんですけど「こんなに手の内を見せていいのかな?」となぜか心配までしつつ(笑)。

――写真週刊誌に対してイメージは変わりましたか?

吉田:最初は二階堂ふみちゃんが演じた野火と一緒で「こんな仕事…」とか思ってたんですけど、演じる中で「なにがなんでもスクープ撮ってやるぞ!」って気持ちになってくるし、世間の反応を見て「自分は世の役に立っているんだ」なんて正義感まで芽生えてくる。それが原動力であり、大義名分にさえなってくるんですよね。映画の撮影が終わる頃には、私自身の感覚がちょっとすり替わっているのに気づいて怖くなりましたね。

――お金とか部数増加のためではなく…

吉田:お金に関係なく、自分がやったことが世の中を動かしたり、世間をあっと言わせたりする快感や興奮があるんでしょうね。理解したくないけど、ちょっと理解をしてしまったり…(苦笑)。

滝藤:そりゃ、撮られるよりも撮る側の方がいいですよね。

吉田:世間の「知りたい」という欲って底知れないもので、どんなに撮っても「その次が見たい!」ってなるんですよね。

滝藤:僕はそこまで図太くないから無理だなと思いました。本人を前に直撃したりなんてできない! 繊細ですから(笑)。だから僕は、グラビア班でよかった…。

――グラビアといえば、映画の中でも“袋とじ”グラビアが出てきますね。

滝藤:夢があっていいのかなぁ…(笑)? 僕は破らずに、こうやって(隙間からのぞくように)見ます。

吉田:そこで袋とじを破るか? 破らないかの差、一線を超えるかどうかの基準って何? 好きなタレントかどうか?

――さすが芸能・事件班担当の副編集長! 切り込みますね(笑)。

滝藤:いや、破ったら見たってわかっちゃうでしょ? 跡を残したくないんですよ。奥さんに知られるのはいいけど、僕の楽屋に置いてあった週刊誌の袋とじが破れていたら「滝藤賢一が袋とじを見た」ってなるわけでしょ。

吉田:滝藤さん的には見たい欲求はあるけど、周りにどう見られるかを意識して…(笑)?

滝藤:そう。僕は他人に対する壁が高いというか、シャットアウトしようとする気持ちが強いんでしょうね。

――週刊誌の繰り出す芸能ネタに熱狂する人々の気持ちは理解できますか? 「見たい人がいるから、撮る人がいる」という論理もありますが…。

滝藤:欲求はあるでしょうね。ただ、僕は常に「逆を問う」ことを大事にしています。「こういうニュアンスで書かれているけど、本当なのか? もしかしたら逆だったり、都合よく切り取られたりしてるだけなんじゃないか?」と。全てを鵜呑みにするんじゃなくて。

――もしご自分に関する記事が出たら、どう受け止めますか?

滝藤:僕の記事ですか? もし真実ならば、しょうがないですよね。でもそうじゃないなら…反論したくなるなぁ。

吉田:しますか?

滝藤:しないでしょうね。反論したらしたで、それがまたニュースになって…。そうならないように努力するしかないのかな? だいたい、そんな努力する必要あるのかな? 僕の場合、そんなこと意識したのは「半沢直樹」直後だけでしたよ。

――いまでは、もしも何かあれば一斉に飛びつきますよ(笑)!

滝藤:何かあればね。何もないもん。

吉田:うまくやっているから(笑)?

滝藤:違う(笑)! 家族がいるし、仕事しかないから! 結局、そこでリスクを冒してまで、仕事の運気を変えたくないんです。僕は自分のことが大好き人間だから(笑)。

――今回、お二人が演じたのは、同じ雑誌内でライバル関係にある定子と馬場という副編集長でした。お互い、これまで共演経験も多くて互いをよく知っていらっしゃるとは思いますが…。

吉田:実は、そんなに以前から何回も共演経験があるわけではないんですよね。しっかりとお芝居で絡めたのはこの映画とWOWOWの「コールドケース」くらい? ただ、もともと、舞台出身ということで、似たようなスタンスでこの世界を生きている仲間意識、同じニオイのする同族意識があるのかな?

滝藤:嬉しいですね。僕は勝手に“ライバル”だと思っているから(笑)。

吉田:そうなの?

滝藤:同じようにずっとやってきて「なんで売れないんだ?」って思ってた。自分のことも、羊さんのことも。だから『HERO』で羊さんがガツンと来たときは「ほら来た!」って(笑)。僕だけでなく、周りで見てきた俳優さんはみんなそう思ってたと思いますよ。

――お互いを「似ている」「同族」と思うのはどういった部分で…?

吉田:何でしょうね…どこかで「自分は何かを成し遂げられるかもしれない」って根拠のない自信を持っているところ…ありません?

滝藤:あります(笑)。あとは、ひたすら現場で腕を磨いてきたっていうところ。小さな役でもひとつひとつ、積み重ねてきた自負がある。一作一作が勝負なんです。映画『八日目の蝉』でも、羊さんはラストだけだったでしょ? でもあれ見て「やっぱりすげーな!」って思ったもん。

吉田:そういえば「傍聴マニア」もありましたね!

滝藤:検事と被告人の関係でしたね。

吉田:この時点で、私の中では『クライマーズ・ハイ』の印象があったんですよね。滝藤さんといえば、出る作品ごとに存在感を示していて、しかもいい作品ばっかり出てる! この人みたいになりたいなって憧れていました。「傍聴マニア」で共演したとき、私のアドリブにこれ以上ないっていうくらいのベストな返しをしてくださって、これだけ柔軟で、対応力があるからこそ求められているんだなって肌で感じました。

――お二人とも様々な作品に出てこられましたが、世間的な意味で“全国区”の知名度を得たのはこの数年ですね。お話を伺っていると、売れる以前と以降でやっていること自体は変わってないように思えますが、売れる・売れないの差はどこにあるんでしょうか?

滝藤:(指でこちらを指しながら)運! そうじゃないかなぁ? だって、うまくても埋もれている人もいっぱいいますし。発見してもらえなければ、世間に出てこられない。努力はしていて当たり前だし、才能がある人なんてゴロゴロいる。あとは運とか巡り合わせじゃないかしら?

吉田:タイミングとか巡り合わせはあるよね。

滝藤:自分がタイミング合わずにお断りした役で、別の俳優さんが助演男優賞を獲ったこともありますし(苦笑)。いつ何があるかわからないから、常に準備をしておく――結局、一作ずつを大切にしていくしかないんですよ。全てをチャンスと思ってやっておかないと、誰が何を見てくれているかわからない。積み重ねがなければチャンスすら来ないですしね。(無名塾時代の恩師の)仲代達矢さんは「チャンスは人生で3度来る」っておっしゃっていました。

――そんなお二人から見て、今回の主演の福山雅治さんの存在は…?

滝藤:僕とは見てきた世界が全く違う。持って生まれたもの、運命もあるんだろうし…カッコいいですよ。こちらが真似のしようのないお芝居をされますよね。

吉田:でも、いい意味で変わらない方ですよねオンもオフも。「俺は福山だから」ってところがないんですよ。今回、特にカッコ悪い役ですけど、そこでカッコよく見せようって意識や欲が全くないのがカッコいい。私が見てきた、第一線で走ってきた人たちに共通することでもあります。自分ならカッコよく見せようとしちゃう気がします(笑)。

滝藤:福山さんは気さくに話しかけてくださるんですけど、こっちは緊張しますよ、どこかでやはり…。

吉田:わかる! わかる(笑)! やっぱりみんな、福山雅治のファンなんだもん!

――お二人の中で福山雅治といえば…

吉田&滝藤:チイ兄ちゃん(「ひとつ屋根の下」)!

滝藤:「何なら、店ごと買い占めるか」ってしびれましたよ!(※妹の小梅がキャバクラに乗り込んでのセリフ)。

吉田:あった! あった(笑)!! テレビ見ながら叫んでました。

滝藤:あの福山雅治さんと共演しているって…いまだに不思議な気分です(笑)。

最終更新:9/30(金) 21:00

cinemacafe.net