ここから本文です

【スプリンターズS】ブランボヌール充実リハ 時計平凡も態勢整う

デイリースポーツ 9/30(金) 6:05配信

 「スプリンターズS・G1」(10月2日)

 開門から45分後。チップが荒れてきた栗東坂路に29日、キーンランドCを制したブランボヌールは姿を現した。最終リハは単走。馬場の真ん中を突き進み、リズミカルに登坂。直線で手前を変えるとやや外に切れたが、最後まで脚色が鈍ることなくゴール板を通過した。

 4F54秒1-39秒2-13秒1とタイムは平凡ながらも、馬場状態を考えれば及第点。夏の休養後、中竹師が何度も「体に張りが出てパンパンになっている」と話していた通り、パンプアップした馬体はひと際目を引いた。

 追い切り後、指揮官は「今週は流す予定でしたが、あまりにも馬体が立派だったので、急きょしっかり追いました」と内容を説明。動きを見届けて「明らかに前走以上の状態」と力強くうなずいた。

 春はマイル路線を歩んで結果を出せなかったが、距離を短縮した前走で復活V。6Fは3戦3勝と負け知らずだ。師は「やはりベストはスプリント。充実したいい状態で臨めますし、あとはユタカ君にかけます」と名手にバトンを託した。

最終更新:9/30(金) 8:50

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。