ここから本文です

いわきチョコレート採択 東経連、新支援事業で

福島民報 9/30(金) 9:53配信

 東経連ビジネスセンターは「セールス・マッチング支援事業」の支援先にいわきチョコレート(本社・福島県いわき市)を採択した。「めひかり塩チョコ」をはじめとした商品の販路開拓を目指す。
 東経連ビジネスセンターは今年度、製品の需要に応じた販売の可能性を検討し、専門家が個別に支援する同支援事業を新設した。
 いわきチョコレートは平成18年4月に設立されたチョコレート会社。「めひかり塩チョコ」は菓子博名誉総裁賞など受賞している。
 東京電力福島第一原発事故以降、風評で売り上げが落ち込む中、東経連ビジネスセンターの支援を受け、新商品「いわき生チョコサンド」を開発した。今回の採択で、来年8月までの1年間、販売専門家が首都圏などでの販路開拓を支援する。

福島民報社

最終更新:9/30(金) 11:55

福島民報