ここから本文です

<小園凌央>母・松本伊代は「親としてはかなりレベル高い」

まんたんウェブ 9/30(金) 20:50配信

 タレントのヒロミさんと松本伊代さんの息子で俳優の小園凌央さんが30日、東京・新宿の花園神社で行われた舞台「あずみ~戦国編」の公演成功祈願・製作発表会に登場。小園さんは松本さんのことを「すっごいいい母親だと思います」と話すと、「みなさん、ちょっとおバカっぽいと思っていると思うんですけど、母親としてはかなりレベルの高い人間だと思っております」とちょっぴり誇らしげに語っていた。

【写真特集】川栄李奈、“消えたい”願望明かす

 一方で小園さんは「松本さんは、(舞台を)毎日(見に)来るんじゃないですか? 時間がある限り、できるだけ見にくると思います。あの人は。ちょっとおかしなところあるんで」と話し、報道陣を笑わせていた。

 「あずみ~戦国編」は、マンガ誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で1994~2014年の20年間連載された小山ゆうさんの時代劇マンガが原作。刺客として育てられた少女あずみの生きざまを描いており、昨年、話題を集めた「AZUMI 幕末編」に続く川栄李奈さんの主演作。

 まだ役が決まっていないという小園さんは「変なスキャンダルがないようにしていきたい」と冗談めかすと、周りにも「お願いします」と呼びかけていた。舞台は11月11~27日に東京・六本木のZeppブルーシアター六本木で上演される。

最終更新:9/30(金) 20:50

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]