ここから本文です

<こねこのチー>3DCGで可愛い子猫の日常描く 新しいファミリー向けアニメの形に

まんたんウェブ 10/1(土) 11:00配信

 いたずら好きの子猫と一家の日常を描いたマンガ「チーズスイートホーム」が原作のテレビアニメ「こねこのチー ポンポンらー大冒険」(テレビ東京ほか)が2日、これまで2度にわたってアニメ化された人気作で、今回は初めて3DCGアニメとして制作されることも話題になっている。3DCGで日本のマンガならではの表現も実現したアニメに仕上がっており、アニメを手がけた草野公紀監督は「ほかにはあまりない作品かもしれませんね。大げさかもしれませんが、新しいファミリー向けアニメの形になるかもしれません」と自信を見せる。草野監督と原作者のこなみかなたさんにアニメの見どころを聞いた。

【写真特集】3DCGになったチーが可愛すぎる 日本らしい表現とは…

 ◇水彩表現を3DCGで

 「チーズスイートホーム」は、2004~15年の約11年間にわたって「週刊モーニング」(講談社)で連載されたマンガ。初めての散歩で迷子になり、親切な山田一家に拾われた子猫のチーと一家の触れ合い、近所の猫との日常を描いている。3DCGアニメ「こねこのチー」は、劇場版アニメ「キャプテンハーロック」などに参加した草野さんが監督を務め、「キャプテン・ハーロック」や初音ミクのライブ映像などを手がけてきたマーザ・アニメーションプラネットが制作する。

 こなみさんは、3DCGのアニメ化について「CGだったら3回目のアニメを制作する価値を見いだせると思いました。立体のチーが見たかった。最初からこの人たちに作っていただきたいという思いがあり、信頼感がありました」と前向きだった様子。草野監督は3DCGアニメ化にあたり「原作は2Dならではのよさがある作品。顔の輪郭から目が飛び出るなどの表現をどうするか? チャレンジになる」と考えたという。

 草野監督が意識したのは“チーらしさ”だ。「チーらしさとは、何なんだろう?と掘り下げた。当たり前だけど、可愛くなければいけない。生後2、3カ月、天真らんまんで無邪気であることを意識しました。これまでも可愛いキャラクターの作品を作ったこともありますが、水彩で描いた絵の雰囲気を何かしら表現できないのか?とも考えていました」と話す。

1/2ページ

最終更新:10/1(土) 11:00

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]