ここから本文です

BlackBerryが端末の自社開発を終了

ITmedia Mobile 9/30(金) 11:49配信

 カナダのBlackBerryは9月28日(現地時間)、端末開発ビジネスを終了することを発表した。今後はソフトウェア開発に注力し、端末開発は外部企業に委託する。法人向けのセキュリティ機能開発にも注力していく。

【「BlackBerry Bold 9900」】

 まずはインドネシアの合弁会社、BB Merah Putihと協業。BB Merash Putihはソフトウェアライセンスの提供を受けて、BlackBerryのサービスをフルに利用できる端末を開発していく。BlackBerryのブランド名は残り、“BlackBerry端末”が市場からなくなるわけではない。

 日本では現在、FOXが正規代理店となって「BlackBerry Classic」「BlackBerry Passport」や、Androidを搭載した「BlackBerry PRIV」を販売しているが、日本のBlackBerry広報担当によると、現在日本で販売されているこれらのBlackBerry端末が販売終了する予定はないとこと。

 NTTドコモ向けにはQWERTYキーボードを搭載した「BlackBerry Bold 9780」と「BlackBerry Bold 9900」を販売していたが、インターネットを利用できる「ブラックベリーサービス」は2017年3月31日に終了する。

最終更新:9/30(金) 11:49

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。