ここから本文です

キャサリン妃、12年間愛用するブーツがカナダでも活躍!

Movie Walker 9/30(金) 11:48配信

キャサリン妃が12年前から愛用していることで有名なブーツは、カナダでも活躍しているようだ。ブリティッシュコロンビアのベラベラで先住民族の伝統儀式に参加した際、キャサリン妃が見覚えのあるブーツをはいていたことをメディアは見逃さなかった。

【写真を見る】お値段は約6万3000円!キャサリン妃のお気に入りブーツ

このブーツは英国のブランド、ペネロペ・シルヴァーズのもので、値段は475ポンド(約6万3000円)。今年4月にウィリアム王子とキャサリン妃がブータンを訪問した際にも、キャサリン妃は野外イベントでこのブーツをはいていたことが話題になった。

今回、ベラベラで伝統儀式に参加した時のキャサリン妃は、Holland & Hollandのベージュカラーのジャケット、チェックのシャツと青いセーターに、ZARAのスキニージーンズを合わせ、「キャサリン妃が一番気に入っているブーツ」と呼ばれる、このブーツをはいていた。

「キャサリン妃が10年以上経っても、2004年に我々が彼女のために作ったブーツをはいている姿を見られるのは素晴らしいことです。このブーツは年季が入れば入るほどいい感じになってきます。本当に彼女に似合っています」とペネロペ・シルヴァーズの代表はピープル誌に話している。

キャサリン妃がこのブーツをはいている姿を最初に撮影されたのは2004年。まだウィリアム王子と結婚する前、ブレナム宮殿を訪れた時だった。ミニスカートにブーツをはいて腰掛け、微笑んでいるキャサリン妃の写真は、現在よりもふっくらとして健康的。当時は「はつらつとして素敵なプリンセスになりそう」「王室に入るにはスカートの丈が短すぎる」と話題を呼んだものだった。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:9/30(金) 11:48

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]