ここから本文です

上岡氏はショックで言葉なし ぜんじろうが代弁「まだ受け入れられない」

デイリースポーツ 9/30(金) 13:42配信

 芸能界を引退した上岡龍太郎さん(74)の弟子で、9月27日に交通事故死した漫談家のテント(本名三浦得生=みうら・とくお)さん(享年65)の葬儀・告別式が30日、大阪府八尾市の「八光殿南植松 家族葬会館リエラ八尾南ホール」で営まれた。葬儀には親族、上岡さんのほかに、同じ上岡さんの弟子だったタレントのぜんじろう(48)、落語家の桂あやめ(52)ら芸人仲間も含む約200人が訪れ、別れを惜しんだ。

 上岡さんは出棺の少し後にマスコミの目を避けるように車で会場を後にした。コメントなども伝えられなかった。

 ぜんじろうは「あんなに落ち込んだ師匠は見たことがない」と上岡さんの様子を明かした。「ぼくなんかより、全然悲しんでらっしゃる。まだ受け入れられないんだと思います。ぼくらも話しかけられないくらいです」と師匠のショックの大きさを代弁した。

 一部では上岡さんが名前をテントさんに譲る意向があったと報じられたが、これは師匠と弟子のネタだったことも明かした。一方で「テント兄さんは、上岡が気に入って『師匠にならせてください』っていう形で弟子になりましたから」と師匠との深いきずながあったことも説明し、兄弟子を悼んだ。

最終更新:9/30(金) 13:53

デイリースポーツ