ここから本文です

【スプリンターズS】“競馬界の女神”の直撃にビッグアーサーを管理する藤岡調教師も大絶賛!

東スポWeb 9/30(金) 20:11配信

【スプリンターズS(日曜=10月2日、中山芝外1200メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも。最近になってフォーメーション馬券を覚えた稲富菜穂です。これまではボックス馬券で勝負していたのですが、秋競馬が始まってからは1番人気がしっかり勝つ競馬が続いているではありませんか! 軸さえ決まればフォーメーションは点数も少なくて済みますからね。5年目にしてしゃかりきに覚えたぜっ(まだまだ伸び盛り)。

 秋GI初戦のスプリンターズS。1番人気が勝つ流れは、まだまだ続きそうですよ。

「絶対的なスピードがあると思います。1200メートルを走る面で必要な筋肉、体形…全てを兼ね備えた馬じゃないかな」

 管理する藤岡調教師もビッグアーサーを絶賛です…って、当たり前ですよね。セントウルSの逃げ切り勝ちには終始、稲富大・興・奮っ☆ 阪神競馬場はどよめき、のちに歓喜――大歓声がすごかったなぁ。福永騎手がどんな競馬を魅せてくれるか、いまから楽しみ過ぎて、口から何かが出そうです(汚い)。

 高松宮記念ではビッグアーサーの2着だったミッキーアイル。この馬からも目が離せませんよ。「今週の追い切りはすごく力強くて、ミッキーアイルらしい走り。2週連続でしっかりと追い切ったので、さらに良くなってくれるんじゃないかなぁ」と松山騎手らしい穏やかな口調。

 妄想族の稲富はアイルくんも松山騎手も王子キャラだと勝手に思っているのです。「ガラスの靴忘れていませんか?」並みの爽やかさで(伝わってます?)、さらっと勝ってしまうような気もするんですよね。あぁ、かっこいい!(妄想がすごい&いろいろすみません)。

「馬のリズムを大事にしたいなぁと考えているんです。阪急杯は力強い競馬で勝ってくれましたし、高松宮記念も力一杯走ってくれました。どこからでも競馬ができますが、あんまり外は…。真ん中ぐらいの枠に入りたいかなぁ」とのこと。ふむふむ、枠順をしっかりチェックしなくちゃダメですね。

 なんやかんやで、昔から足の速い男の子はモテますが(=人気)、私的にとっても注目しているのは女の子の桜花賞馬レッツゴードンキちゃん。

「桜花賞を勝って、そこから先のクラシックも狙っていったけど、結果的に距離が合わなかった。近2走は適距離で結果を出してきているし、ようやく本来の姿に戻ってきた」と梅田調教師もドンキちゃんの復調具合をうれしそうに話してくださいました。

 気になるのは初めての中山競馬場だそうで「東京へ行くと結果が良くないのでねぇ。コース自体は気にならないが、前日輸送がどうかな」と。無事に輸送をクリアし、力一杯走ってほしいですね。

 あぁ、どの馬の話もワクワクするぅ。でも、今回のフォーメーション馬券、稲富の中では早くも決まりそうです。

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。

最終更新:9/30(金) 20:11

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]