ここから本文です

【公式全文】「防弾少年団」RAP MONSTER、疲労骨折の可能性で治療に専念

WoW!Korea 9/30(金) 15:41配信

韓国人気アイドルグループ「防弾少年団」のRAP MONSTER(ラップモンスター)が健康上の理由で、予定された公演に参加しないことがわかった。

 「防弾少年団」の所蔵事務所BIGHITエンターテインメント側はこの日公式SNSを通じて、この事実を公示しRAP MONSTERの現状について詳しく説明した。

 事務所側によるとRAP MONSTERは最近痛みを訴え、病院を訪れた。「疲労骨折」の可能性があると診断され、休息に入ることに決めた。現在のコンディションは良い状態で元気にカムバックするために残された期間をコンディション管理に集中する計画だ。


以下、全文。

 こんにちは。BIGHITエンターテインメントです。

 きょう昌原(チャンウォン)で開かれる「KPOP WORLD FESTIVAL」に出演予定である「防弾少年団」のメンバーRAP MONSTERが、公演に参加できないことをお伝えします。

 去る29日、RAP MONSTERは2ndアルバムカムバックのために新しい振付けを練習していた中、痛みを感じ、すぐに整形外科を訪問しました。「疲労骨折」に発展する可能性があるため、足に無理を与える行動を自制しなければならないという専門医の診断を受けました。

 レントゲン写真上では異常がなく、膝以外の部分や全体的なコンディションは良い状態で、症状を改善するために定期的に物理治療を受ける予定です。初期に症状を発見したため休息をとれば良くなるという医師の所見により、RAP MONSTERは元気な状態でカムバックするため、残された期間、休みながらコンディション管理に集中する計画です。

 きょう予定されたステージにRAP MONSTERは参加しませんが、共同MCとして「防弾少年団」のメンバーとイベントを共にする予定です。さらに、明日10月1日「釜山ワンアジアフェスティバル」のステージにもRAP MONSTERを除く6人のメンバーが公演に参加することになったことをお伝えします。

 「防弾少年団」の「KPOP WORLD FESTIVAL」と「釜山ワンアジアフェスティバル」のステージを待っていてくださった多くのファンの方々にご心配をおかけしたことをお詫びいたします。「防弾少年団」のメンバー全員が、元気で明るい姿でカムバック活動の際にファンのみなさんにお目にかかれるよう努力します。

最終更新:9/30(金) 15:41

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]