ここから本文です

Microsoft、AI部門を新設 研究部門統合で5000人規模に

ITmedia ニュース 9/30(金) 14:40配信

 米Microsoftは9月29日(現地時間)、人工知能(AI)を活用した製品やサービスの開発を主眼とする部門「Microsoft AI and Research Group」を設立したと発表した。世界各国の科学者とエンジニアが所属する5000人規模の研究組織となる。

 研究部門「Microsoft Research」と、「Information Platform」「Cortana」「Bing」「Ambient Computing」「Robotics」のチームを統合・再編。Microsoft ResearchやBingチームを指揮していたハリー・シャム氏が代表取締役副社長として指揮を執る。

 新組織では、音声パーソナルアシスタント「Cortana」や「Skype」「Office 365」といったアプリケーションにAI技術の導入を進め、各国のアプリ開発者がAPI連携などを通じて活用できるようにする。このほか、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上に強力なAIのスーパーコンピュータを構築し、誰もが利用できるようにするといったアプローチで、AI技術の一般化を目指すという。

 同社は28日、FacebookやGoogle、Google傘下のDeepMind、Amazon.comと共同でAI普及を目指す非営利団体「Partnership on Artificial Intelligence to Benefit People and Society(略称:Partnership on AI)」を立ち上げている。

最終更新:9/30(金) 14:40

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。