ここから本文です

新井浩文が「斉木楠雄のΨ難」出演、金髪モヒカン&アゴ割れビジュアル公開

映画ナタリー 9/30(金) 14:59配信

実写映画「斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのサイなん)」の撮影現場写真を、原作者の麻生周一が自身のTwitterで公開。同作に新井浩文が出演していることがわかった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、山崎賢人が主演、福田雄一が監督を務める学園コメディ。超能力を生まれ持った故に日々災難に見舞われてしまう高校生・斉木楠雄の日常を描く。新井の役名は公表されていないが、2つに割れたアゴと中央部が金髪になったモヒカン頭、左目に傷痕という特徴的なビジュアルが明らかになった。麻生は「テレビで観るよりアゴ割れてるんだなぁ…」とコメントしている。

これを受け、新井も自身のTwitterにて「少年ジャンプ愛で、ほぼ完璧の仕上がりかと。。。髪の毛、自前です。。。顎は下の方から移植しました」とツイートした。

現在撮影中の「斉木楠雄のΨ難」は2017年に全国で公開される予定。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

最終更新:9/30(金) 15:03

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]