ここから本文です

BMWグループ、世界でも日本でも販売台数更新

レスポンス 9/30(金) 20:56配信

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、日本市場において、8月単月で過去最高の伸び率を記録した。

[関連写真]

BMWグループはワールドワイドで1~8月期で、150万8659台と5.5%の成長を遂げた。更に8月単月においては最高販売台数の16万5431台(5.7%増)を記録した。

日本市場においては更に伸びており、1月から8月期累計では11.5%の伸び(4万1821台から4万6632台)。8月単月では17.2%の伸び(4213台から4937台)を記録した。「これは BMWグループジャパンとしては過去最高だ」とは、ビー・エム・ダブリュー(BMWグループジャパン)代表取締役社長のペーター・クロンシュナーブル氏の弁。

ブランド別には、BMWは1~8月期累計で 10%増(2万8723台から3万1583台)。そして、8月単月では15.7%増えた(2919台から3374台)。MINIも健闘しており、累計で 14.9%増え(1万3098台から1万5049台)、8月単月では 20.8%成長(1294台から1563台、日本市場の台数はいずれもJAIA調べ)した。

この伸びの理由の一つに、「東京お台場に開設した新しいブランド体験型ショールーム、BMWグループ東京ベイのおかげでもある」とクロンシュナーブル氏。このフラッグシップ施設は、「今後日本全国のディーラーで展開していく改装のキックオフだ。2020年までに全ての拠点を同じクオリティまで引き上げ、フューチャーリテールプログラムをディーラーネットワーク全体に導入する」という。

また、もう一つの要因に、BMW『7シリーズ』があるという。「このクルマはワールドラグジュアリーカーオブザイヤーアワードを昨年受賞したクルマで、間もなく日本市場にも7シリーズの新世代ハイブリッドが登場する」と明かした。

更に電気自動車のBMW『i3』について、クロンシュナーブル氏は、「新規獲得率はグローバルでは80%。日本では更に高く9割が初めてBMWブランドを購入したユーザーだ」と述べる。同時に「『i8』では日本は世界で3番目の市場だ。また、i8単独で、競合各社のハイブリッドスポーツカーを全部合計した台数よりもグローバルでは多く売っている」と話す。そして、「このような成功から、我々は今後も BMWのサブブランドBMW iに投資を続けていくのだ」と語った。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:9/30(金) 20:56

レスポンス

なぜ今? 首相主導の働き方改革