ここから本文です

星野みちる恒例ライブで謎のチャンバラ活劇、脇田もなり再始動で「ただいま!」

音楽ナタリー 9/30(金) 15:07配信

カバーアルバム「マイ・フェイバリット・ソングス」を9月7日に発表した星野みちるが、9月23日に東京・UNITで自主企画ライブイベント「星野みちるの黄昏流星群Vol.5」を開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

イベントには星野のほか、まなみのりさ、西恵利香がゲストで登場。また、星野と同じVIVID SOUNDに所属してソロアーティスト活動をスタートさせた脇田もなり(ex. Especia)がオープニングアクトを務めた。これがソロでの初ステージとなった脇田は、オリジナル楽曲「IN THE CITY」と「あのね、、、」、イックバルのカバー「Cloudless Night」の3曲を披露した。曲が進むうちに緊張した表情は笑顔に変わり、3曲を歌い終えた脇田は「ただいま!」とひと言。彼女の活動再開を待ちわびていたファンは大きな声で「おかえり!」と返した。

なお今回のライブで歌われたオリジナル楽曲は、11月16日に脇田のソロデビューシングル「IN THE CITY」としてアナログ7inch+CDでリリースされる。「IN THE CITY」は新井俊也(冗談伯爵)をアレンジャーに迎えたディスコ / ブギーナンバーで、「あのね、、、」は星野の楽曲も手がける佐藤清喜(マイクロスター)によるアレンジだ。

本編のトップバッターを務めたまなみのりさは、「ポラリス Episode ZERO」「Darkness」「桜エトランゼ」「真夏のエイプリルフール」の4曲を披露し、「アルバムリリースおめでとうございます!」と星野を祝福。星野は3人のハーモニーを生かしたパフォーマンスに「すごーい」と感嘆の声をもらしていた。続いて登場した西は、星野とプライベートでも仲のよい間柄。彼女もまた9月21日にリミックスアルバム「re:LISTEN UP」をリリースしたばかりで、今回は同日深夜に同会場で行われた西のアルバム発売記念イベント「re:LISTEN UP~わりと朝まで~」との共催企画として実施された。西は朝まで続くステージに体力を心配しつつも「MUSICを止めないで」「Morning Sun」「サマーパーティー」など6曲をパワフルにパフォーマンス。「private dance」では拍手とコールで会場が一体となった。

バックバンド「流れ星楽団」を引き連れて今回のイベントに臨んだ星野だったが、まずは1人でステージへ。安室奈美恵の「SWEET 19 BLUES」や杏里の「SUMMER CANDLES」など、「マイ・フェイバリット・ソングス」収録曲を含む計9曲メドレーを披露した。MCではもはやおなじみとなった「最高かー」「最高でーす」のコール&レスポンスで盛り上がる。さらに星野はゲストたちについて触れ、レーベルメイトとなった脇田については「とろけちゃうような可愛らしさがあって、『もなりちゃん』と言うより『もにゃりちゃあん』みたいな感じ」とコメント。また、脇田には「みちる師匠」と呼ばれていることを明かし、「私の名前はー?」「みちる師匠ー」という新たなコール&レスポンスを完成させた。

星野は続いてEPOのカバー「土曜の夜はパラダイス」を歌うと、一度舞台袖へと戻る。そしてバンドを従えてのライブが始まるかと思いきや、のどかなBGMが流れ出し、唐突に「星野みちる座長公演『みちるの三度笠』女だらけの時代劇 ポロリもあるよ」の開演を告げるアナウンスが。公演には西とまなみのりさも参加し、出演者全員が台本のカンペを凝視しながらおぼつかない演技を繰り広げる、シュールなステージが展開された。

三度笠を脱いでバンドと共に再登場した星野は、森高千里のカバー「私がオバさんになっても」でライブを再開。オリジナル曲とカバーを交えながらライブを進行していく。自身がかつて在籍したAKB48のカバー「恋するフォーチュンクッキー」では、音源でも共演しているスクーターズから、ロニー・バリー(Vo)とビューティ(Cho)、リーダーでデザイナーの信藤三雄が合流してステージをにぎやかに彩った。星野は最後に西を呼び込むと、西がお気に入りだという星野の楽曲「ディスコティークに連れてって」と「恋のファンフェアー」をツインボーカルで熱唱。さらにアンコールで松田聖子のカバー「天国のキッス」とオリジナルソング「マジック・アワー」の2曲を届けてステージを終えた。

VIVID SOUND Presents「星野みちるの黄昏流星群Vol.5」
2016年9月23日 UNIT セットリスト
脇田もなり
01. IN THE CITY
02. Cloudless Night
03. あのね、、、

まなみのりさ
01. ポラリス Episode ZERO
02. Darkness
03. 桜エトランゼ
04. 真夏のエイプリルフール

西恵利香
01. MUSICを止めないで
02. 予感
03. 常花
04. Morning Sun
05. private dance
06. サマーパーティー

星野みちる
01. INTERSTELLAR / 星間連絡船 ~Night Voyage~ / 私はシェディー / SWEET 19 BLUES
02. 夏なんだし / SUMMER CANDLES / い・じ・わ・る ダーリン / ワンダランド
03. 土曜の夜はパラダイス
~星野みちる座長公演「みちるの三度笠」女だらけの時代劇 ポロリもあるよ~
04. 私がオバさんになっても
05. ずっと一緒さ
06. YOU LOVE ME
07. ピーベリーを見つけたら
08. 腰抜け男子にアイラヴュー
09. 彼のアイリッシュセーター
10. 恋するフォーチュンクッキー(ゲスト:スクーターズ)
11. ディスコティークに連れてって(ゲスト:西恵利香)
12. 恋のファンフェアー(ゲスト:西恵利香)
<アンコール>
13. 天国のキッス
14. マジック・アワー

最終更新:9/30(金) 15:07

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]