ここから本文です

フジ社長、極楽・山本の出演「苦言受け止めるべき」 局には賛否両論

デイリースポーツ 9/30(金) 16:13配信

 フジテレビの定例社長会見が30日、同局内で開かれた。極楽とんぼの山本圭壱が7月30日放送のバラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」に、出演したことを受け、亀山千広社長がコメントした。

【写真】極楽15年ぶりライブ…加藤「俺は待ってた」

 山本が出演に至った理由については、番組が20周年を迎えるにあたり、「作り手を含めた『思い』で出演に至ったと聞いております」と説明。山本が過去に起こした不祥事の性格から、出演自体に批判的な意見がフジテレビに寄せられていることも認め、「いろんなご意見が寄せられていることに関しては、スタッフも含め、精査しながら番組づくりをしていかなければいけないんじゃないかと思います」とした。

 山本については、同局側には応援する意見、好意的にとらえる意見も寄せられているといい、賛否両論がある。レギュラー復帰については「その辺の話は聞いてないし、そんな話が進んでいるという報告も受けていません」とし、「視聴者の意見がかなりあったことだけは現場も分かっていると思いますし、それを無視して番組をつくることはさすがにできないと思います」と熟慮すべきとした。

 「いずれにしても真摯に苦言は受け止めるべきだと思います」と意見に向き合う必要性を訴えた上で、番組から視聴者にメッセージを発することも含めて「現場にその判断を委ねたい」とした。

 また、7月30日の放送内容についてコメントを求められたが、「いち番組へのコメントを僕がこの場でするのは控えさせていただけますか。現場には言わせていただきました」と言葉を選んだ。

最終更新:9/30(金) 20:44

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]