ここから本文です

「Pokemon GO Plus」を遊園地で使って分かったメリットとデメリット

ITmedia ニュース 9/30(金) 15:57配信

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」と組み合わせて遊ぶウェアラブルデバイス「Pokemon GO Plus」が9月16日に発売された。発売直後に人気が殺到し、任天堂が次回出荷を11月上旬と発表するなど“品薄状態”が続いているが、ネットでは「本当に使えるの?」「買わなくても十分に遊べるのでは」といった声も上がっている。記者が実際に使ってみた。

【画像:遊園地でポケモンをゲット】

 Pokemon GO Plusは、スマホと連携し「周囲にポケモンが現れた」「ポケストップがある」といった情報をLEDライトの点滅と本体の振動で知らせるデバイス。バンドで腕に巻いたり、胸ポケットに着けたりして装着する。本体のボタンを押すだけで、ポケモンを捕まえたり、ポケストップでアイテムを手に入れたりでき、スマホ画面上で操作せずに済むのが特徴だ(関連記事:専用デバイス「Pokemon GO Plus」9月16日発売 操作方法も公開)。

 「この特徴を生かすには……」と考え、記者が向かったのはとある遊園地。朝の開園と同時に入り、夜まで休むことなくアトラクションやショーを楽しみたい記者にとっては、わざわざスマホを立ち上げてポケモンを捕まえる余裕などない。だが、GO Plusを使うと、園内を移動中、手元を見ずにボタンを押すだけで操作でき、遊園地の雰囲気を味わいつつPokemon GOも満喫できた。

 Pokemon GOでは、歩いた距離に応じて、ポケモンの卵がふ化したり、相棒にしたポケモンからアメをくれたりする。GO Plusは、スマホがスリープ中でもバックグラウンドで動作し、歩いた距離をカウントしてくれる。記者はこの日、広大な園内を10キロ以上歩き回り、10個以上の卵をかえすことができた。

 そんなGO Plusにもデメリットはある。1カ所にポケストップが集中していたり、ポケモンが同時に出現したりすると、スマホで操作する場合と比べて反応が遅れるようで、捕獲やアイテムの回収に時間がかかる。

 また、珍しいポケモンが出現しやすい公園など、いわゆる“ポケモンの巣”でもGO Plusは使いづらく感じた。GO Plusでは、見つけたポケモンを捕まえようとしても、最もゲットしづらい「モンスターボール」しか投げられない。捕獲しやすくなるアイテム「ズリの実」なども使えないため、すぐに逃げられてしまうケースも少なくなかった。

 ポケモンの巣に行くまではGO Plusを使い、到着してからはスマホに切り替え、珍しいポケモンを逃がさないように慎重に狙うべきかもしれない。

最終更新:9/30(金) 17:45

ITmedia ニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革