ここから本文です

宝塚歌劇団・次期花組トップ娘役に仙名彩世 異例の遅咲き実力派

デイリースポーツ 9/30(金) 17:35配信

 宝塚歌劇団は30日、花組の次期トップ娘役に仙名彩世(せんな・あやせ)が就任することを発表した。

 花組現トップ娘役の花乃(かの)まりあが、来年2月5日が千秋楽の東京宝塚劇場での「雪華抄/金色の砂漠」で退団。仙名は同2月6日付でトップ娘役となり、3月18日に開幕の全国ツアー「仮面のロマネスク/EXCITER!!2017」でトップスター明日海(あすみ)りおの相手役としてお披露目される。

 仙名は08年の首席入団。現在初舞台から9年目で、10年目になる学年での就任は娘役としては異例の遅咲き。歌唱力に定評があり、本公演では何度もエトワールを務め、バウホールや専科の轟悠の相手役として「For the people~リンカーン 自由を求めた男~」などでもヒロインに抜擢されている。だがトップスターへの試金石といわれる新人公演のヒロイン経験はなく、こちらも異例の経歴となる。

 また雪組の月城(つきしろ)かなとが同2月20日付で月組へ、月組の朝美絢(あさみ・じゅん)が5月31日付で雪組への異動も発表された。

最終更新:10/1(土) 12:34

デイリースポーツ