ここから本文です

東急ハンズの手作り作品通販サイトに不正アクセス 個人情報流出の可能性

ねとらぼ 9/30(金) 16:34配信

 東急ハンズは9月30日、手作り作品の通販サイト「ハンズ・ギャラリー マーケット」に不正アクセスがあったと報告しました。861件の個人情報が流出した可能性があるとしています。

【再開した東急ハンズネットストア】

 流出した可能性があるのは、同サイトで2016年1月4日~9月9日の間に作品を購入した利用者の氏名や電話番号など。期間中にクレジットカード決済を利用した場合はクレジットカード情報も流出した可能性があります。該当する利用者には電子メールや書状で連絡しているとのこと。

 9月9日にクレジットカード会社から流出の懸念があると連絡を受けて問題が判明。東急ハンズはハンズ・ギャラリー マーケットのほか、通販サイトの東急ハンズネットストア、アートメーターも利用停止し調査を行いました。調査の結果、東急ハンズネットストア、アートメーターでは流出は発生していないことを確認したとしています。

 原因はシステムの脆弱性で、システムのセキュリティ対策、監視体制の強化を行い、再発防止を図るとのこと。ハンズ・ギャラリー マーケットは改修後に再開の予定で、アートメーターと東急ハンズネットストアは再開しています。

最終更新:9/30(金) 16:34

ねとらぼ

なぜ今? 首相主導の働き方改革