ここから本文です

トヨタ、レクサスSUVの将来を示す「UX Concept」を世界初公開

ITmedia ビジネスオンライン 9/30(金) 17:37配信

 トヨタ自動車は9月29日、レクサスブランドのコンパクトクロスオーバーの将来像を示すコンセプトカー「UX Concept」を「2016年パリモーターショー」で世界初公開した。

【画像で詳しく見る】

 大胆なエクステリア、人間工学に基づいたインテリア、そしてヒューマンマシンインタフェースの先端技術を融合。高いデザイン性、快適性を両立させ、先進的な都市生活者の期待に応えることを目指したという。

 エクステリアとインテリアがキャビンを中心にしたX線状でつながり、強い相乗効果を生み出すという「インサイド・アウトコンセプト」を採用。また、ホイールアーチ、ルーフバー、電子ミラーを同じ素材感で仕上げ、キャビン内側との一体感や連続性を演出した。

 インテリアは前席と後席でそれぞれ異なる雰囲気に仕上げた。フロントは人間工学に基づいたドライバー主体のデザイン構造で、ホログラムなどのヒューマンマシンインタフェース技術を採用し、3次元による先進的なドライビング体験を提供する。一方、リアはくつろぎの快適空間を演出した。

最終更新:9/30(金) 17:37

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。