ここから本文です

新たなTHAAD配備先 インフラと安全性が決め手=韓国

聯合ニュース 9/30(金) 19:18配信

【ソウル聯合ニュース】米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備をめぐり、韓国国防部は30日、新たに配備候補地を検討した結果、南部・慶尚北道星州郡にあるゴルフ場「ロッテスカイヒル星州カントリークラブ」が最適との結論を出し、関係自治体と国会に説明した。

 韓米両国は7月にTHAADの配備予定地を星山砲兵部隊と発表した。しかし、地元住民らがレーダーの電磁波による健康被害問題などを取り上げて強く反発したため、星州郡が郡内の別の場所に変更するよう要請。韓米の共同実務団が先月末から新たな候補地3か所の評価作業を進め、同ゴルフ場が最適との結論を出した。

 韓米両軍の実務者と6人の民間専門家による評価で、星山砲兵部隊よりも同ゴルフ場がTHAADの配備に適しているとの結論が出たという。

 星州郡が提案した新たな候補地3か所のうち、同ゴルフ場を除いた2か所は進入路などが整備されていないことに加え、地形の形状のためにTHAADを配備する敷地を整える工事だけで2年から3年かかると予想され、国防部は適切な場所ではないと判断していた。

 一方、同ゴルフ場は国防部が提示した敷地選定のための6種類の基準をほとんど満たした。6種類の基準は▼作戦の運用性▼住民・装備・飛行の安全▼インフラ施設の運用▼セキュリティー▼必要な工事の期間と費用▼配備のための準備期間――。

 同ゴルフ場は進入路が整備され、電気や水道といったインフラも整っており、星山砲台部隊よりも敷地面積が広く、レーダーと砲台を設置しやすい。また海抜680メートル地点にあり、星山砲兵部隊(同383メートル)より高い場所にあることに加え、同砲兵部隊に比べると周りに民家が少なく、レーダーの電磁波による健康被害の懸念がないと軍当局は説明した。

 ただ、同ゴルフ場は私有地であり、買収するためには1000億ウォン(約92億円)以上の費用がかかるため、国防部は京畿道などにある軍所有地と同ゴルフ場の土地を交換するなどして予算削減を図る案を積極的に検討するとみられる。

 一方、国防部が星山砲台部隊にTHAADを配備すると発表してから79日で決定を覆したのは、軍が慎重に選定しなかったためであり、そのために混乱が深まったとの批判も出ている。重要な安全保障政策に基づく決定をひっくり返したのは、政府の政策の透明性と信頼性を低下させる行為とも指摘される。

 そのため責任の所在を明らかにする必要があるとの指摘も出ているが、国防部の関係者は「当初、軍は費用や所要期間などを勘案し、国有地だけを対象に敷地を選定していたため、星州のゴルフ場について考えていなかった」などと説明している。

最終更新:9/30(金) 19:42

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。