ここから本文です

日本ハムが最終戦勝利 増井が初の2桁10勝 渡辺がプロ初本塁打

デイリースポーツ 9/30(金) 20:27配信

 「日本ハム3-1ロッテ」(30日、札幌ドーム)

 リーグ優勝した日本ハムが、今季最終戦を白星で飾り、87勝53敗3分けで全日程を終えた。

 初回1死二、三塁から三ゴロ失策の間に2点を先取。二回には渡辺の右越えプロ1号ソロが飛び出した。

 先発した武田勝はラスト登板で打者一人を三振に仕留めて交代。2番手の増井が3回1/3を無失点で自身初の2桁10勝目をマーク。ドラフト1位ルーキーの上原が七回にプロ初登板し、1回を1安打無失点に抑えた。

 ロッテは先発チェンが7回を7安打3失点と粘ったが、打線が日本ハムの7投手の継投の前にわずか3安打1点と援護に恵まれなかった。

最終更新:9/30(金) 20:37

デイリースポーツ