ここから本文です

【F1】アロンソ、アップグレードエンジンをテスト

ISM 9/30(金) 16:21配信

 フェルナンド・アロンソは今週末のマレーシアGPフリー走行で、ホンダが最後の開発トークンを使用してアップグレードしたエンジンをテストすることになった。これにより、アロンソは少なくとも30グリッド降格ペナルティを科される。

 シーズンを通して信頼性の問題に悩まされているアロンソだが、残りのレースに向けて新しい内燃機関、ターボチャージャー、MGU-H、エネルギーストア、コントロールエレクトロニクスを使用する。

 新しいパワーユニットは従来より軽いエンジンブロックが特徴で、効率を高めるためにエキゾーストのデザインが改められている。

 アロンソは金曜日のフリー走行1回目でアップグレードされたエンジンをテストし、2回目のセッションではさらにパーツが追加されたエンジンを使用する予定だが、レースではベルギーGPで使用した古いエンジンに戻す見込みだ。

 今回のレースではペナルティを受けるアロンソだが、ホンダのホームレースとなる日本GPではペナルティなしに新しいエンジンを搭載できる。チームメイトのジェンソン・バトンは、その後のアメリカGPでアップデートパーツを使用する予定だ。(情報提供:GP Update)

最終更新:9/30(金) 16:21

ISM