ここから本文です

「ハイレゾ音源大賞」始動、坂本龍一が選ぶ9月度大賞も発表

音楽ナタリー 9/30(金) 20:26配信

e-onkyo music、mora、OTOTOY、VICTOR STUDIO HD-Music.による合同企画「ハイレゾ音源大賞」が本日9月30日にスタートした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ハイレゾ音源大賞」はハイレゾ音源の魅力をより多くの音楽リスナーに届けるべく、上記サイトを運営する4社が企画したマンスリーのアワード。各サイトがその月に発売されたハイレゾ作品から1タイトルを推薦し、その中から月替わりのセレクターが大賞を選ぶ。なお記念すべき初回のセレクターは坂本龍一が務めた。

2016年9月度の大賞候補として、e-onkyo musicは井筒香奈江「リンデンバウムより」、moraはRobert Glasper Experiment「ArtScience」、OTOTOYはH ZETTRIO「PIANO CRAZE "EXCITING FLIGHT"」、VICTOR STUDIO HD-Music.はワルキューレ「TVアニメーション『マクロスΔ』ボーカルアルバム2 Walkure Trap!」を推薦。教授はこの4タイトルの中から、「ArtScience」を大賞としてセレクトしている。

坂本龍一 コメント
ハイレゾといってもやはり音楽ありきなので、その音楽の内容を別にして純粋にハイレゾかどうかっていう判断は難しかった です。 いい音楽があって、いい録音があって、それをどうやってベターに再生するかってことだと思うので、もとの音楽がよくなければいくら技術がよくても人を惹きつけることはできない。この4作品を聴いてみて音楽的に優れているものにどうしても耳がいくし、その上でやはりその音楽をうまく再生できているのかは音楽の次に気になってくるんですが、圧倒的に「ArtScience」が優れているなと思いました。 ポップスやロックなどいろいろなものを吸収して今までにないジャズをやっている。もちろんジャズの部分も物凄く能力が高いのだけども、そこに安住しないで次々と新しいことをやろうとしているのはすばらしいと思います。

最終更新:9/30(金) 20:26

音楽ナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革