ここから本文です

平山秀幸の特集上映、池松壮亮、小泉今日子、竹野内豊らがトークショー登壇

映画ナタリー 9/30(金) 21:03配信

平山秀幸の監督作19本と平山の選んだ1本を集めた特集上映が、10月8日から17日にかけて東京・新文芸坐にて行われる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

平山の全作品インタビューなどを収めた書籍「呑むか撮るか 平山秀幸映画屋街道」が、10月8日に発売されることを記念した本特集。モントリオール国際映画祭をはじめ国内外で多数の映画賞に輝いた「愛を乞うひと」、大ヒットを受けシリーズ化された「学校の怪談」、デビュー作のモダンホラー「マリアの胃袋」、最新作「エヴェレスト 神々の山嶺」、平山が選んだ豊田四郎監督作「猫と庄造と二人のをんな」などバラエティ豊かなラインナップが並ぶ。

そのほか、平山と各ゲストによるトークショーも開催。平山作品に出演した俳優の池松壮亮、小泉今日子、竹野内豊、吉川晃司、原田美枝子、大塚寧々、柄本明、松重豊と、作家の夢枕獏、脚本家の奥寺佐渡子がそれぞれ登壇する。10月1日10時よりチケットぴあにて入場整理番号付き前売り券を販売。詳しくは劇場の公式サイトで確認してほしい。

※記事初出時、作品名に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

「呑むか撮るか 平山秀幸映画屋街道」刊行記念上映会 人間っておもしれぇなぁ 緻密にして大胆な映画術 平山秀幸映画屋(カツドウヤ)街道40年記念祭り
2016年10月8日(土)~17日(月)東京都 新文芸坐
料金:一般 1300円 / 学生 1200円 / シニア、会員 1050円
<上映作品>
「愛を乞うひと」
「OUT」
「マリアの胃袋」
「ザ・中学教師」
「よい子と遊ぼう」
「太平洋の奇跡 ―フォックスと呼ばれた男―」
「笑う蛙」
「しゃべれども しゃべれども」
「対岸の彼女」
「学校の怪談」
「学校の怪談2」
「学校の怪談4」
「魔界転生」
「エヴェレスト 神々の山嶺」
「信さん・炭坑町のセレナーデ」
「ターン」
「やじきた道中 てれすこ」
「レディ・ジョーカー」
「必死剣鳥刺し」
「猫と庄造と二人のをんな」

最終更新:10/1(土) 9:54

映画ナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革