ここから本文です

℃-uteが「ズートピア」の魅力を語り尽くす、「ジュディの気持ち、超わかる!」

映画ナタリー 9/30(金) 22:10配信

℃-uteの矢島舞美、中島早貴、萩原舞がディズニー・アニメーション「ズートピア」を語るインタビュー記事が、auの動画配信サービス・ビデオパスにて公開されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

さまざまな動物たちが平和に共存する“ズートピア”を舞台にした本作は、ウサギの新米警官ジュディとキツネの詐欺師ニックの活躍を描くファンタジーアドベンチャー。℃-uteは岡井千聖と鈴木愛理を含むメンバー全員が、同作を鑑賞しにプライベートで劇場へ足を運んでおり、インタビューでは3人とも思い思いに感想を述べた。

「ジュディの気持ち、超わかる!」と熱弁を振るう中島は、周囲から「ウサギは警察官になれない」と言われ続けていたジュディに感情移入したようで、「それでもあきらめないでがんばって続けたら認めてもらえる。私たちも来年(2017年)6月に念願だったさいたまスーパーアリーナ公演を控えていて、あきらめない力って大切なんだな、というところがリンクする」とコメント。萩原も「『ウソをついちゃいけない』とか『夢はあきらめない』とかディズニーに教わった部分がたくさんあります」と深く共感する。

また努力を積んで夢をかなえていくジュディの姿に、同グループのリーダー・矢島は「私たちは夢がかなうのに長い時間がかかったんですけど、あきらめないで続けてきたからこそ、その夢がかなったときの喜びも大きいんだなとすごく思います」と自分たちを重ねながらしみじみ述べた。さらに話題は、「『ズートピア』のキャラクターを℃-uteに当てはめると?」「℃-uteのメンバーの好きな映画は?」といったトピックにまで及ぶ。ファンに向けた3人からのメッセージも必読だ。

「ズートピア」は、ビデオパスにてレンタル配信中。

最終更新:9/30(金) 22:10

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]