ここから本文です

武井壮、日本のスポーツを真剣に考える 新番組でMC『戦え!スポーツ内閣』

オリコン 9/30(金) 10:42配信

 タレントの武井壮が、初めてスポーツ番組のMCを務めるMBS『戦え!スポーツ内閣』(10月5日スタート、毎週水曜 後11:58※関西ローカル)の初回収録が29日、大阪市内の同局で行われた。

【動画】番組には小杉竜一、篠原信一らが出演

 2020年の東京五輪に向け、日本のスポーツの地位向上と未来の発展を真剣に考える同番組。“議長”の武井と“長官”の小杉竜一(ブラックマヨネーズ)をメインに、準レギュラーの“柔道大臣”篠原信一や“サッカー大臣”前園真聖、さらに“シンクロ大臣”の青木愛らが、スポーツに関する提言を行う。

 初回収録を終え武井は「緊張を感じてしまって、重々しくスタートしてしまった。でも今後、より深いところまでスポーツの問題点を掘り込んでいけたらうれしいなと。そして今後、この番組からリアルに“大臣”が生まれないかなと」と期待。これに小杉は「武井先生の野心が見えて仕方ないんですけども」と笑いを誘った。

 この日の会見に参加した篠原は「マイナーなスポーツもぜひ取り上げてもらいたい。2020年はパラリンピックもあるので、パラリンピックも番組で取り上げて、大阪から世界にスポーツを発信するくらいの勢いでいきたい」と意気込み。青木は「議長・大臣、そして現役アスリートの悩みや議題をここで出すことで、どんどん改善していって2020年を迎えられればいいなと」と期待を寄せていた。

 番組にはそのほか、柔道大臣として大野将平選手(リオ五輪 柔道73キロ級 金メダリスト)、カヌー大臣として羽根田卓也選手(リオ五輪カヌースラローム 銅メダリスト)らも出演する。

最終更新:9/30(金) 19:03

オリコン