ここから本文です

宮迫博之、“激戦区”日曜の『アメトーーク!』にやり甲斐「テレビ界を面白く」

オリコン 9/30(金) 19:07配信

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊が30日、東京・六本木ヒルズのテレビ朝日で、10月から週2回放送となる『アメトーーク!』の収録の合間に取材に応じた。木曜(後11:15~深0:15)のレギュラー放送はそのままに、日曜ゴールデン(後6:57~7:58)にも進出。宮迫博之は「切磋琢磨して、他局も頑張り、こっちも頑張って、テレビ界を面白くしていけたら。やりがいは感じています」と冷静に熱い思いを語った。

【写真】過去には『キングダム芸人』も放送。作者からお礼の色紙が届いた

 “日曜よる7時台”は長らく日本テレビ『ザ!鉄腕!DASH!!』のひとり勝ち状態が続く中、10月改編でフジテレビが古舘伊知郎を起用した新番組『フルタチさん』をスタートさせ、TBSが『クイズ☆スター名鑑』を復活し、テレ朝が『アメトーーク!』投入と、活気づきそうな気配。

 蛍原徹は「視聴率のことはわかりませんが、番組をやらせてもらえるだけで幸せなんで、ほかが強い枠のほうがダメ元で気も楽」とマイペースを貫きながらも「日曜ゴールデン進出と聞いて、うれしかったです。帯目指します」とやる気を見せていた。

 日曜版『アメトーーク!』の初回は10月16日、2時間スペシャルで放送される。芸人体当たりシミュレーション企画に出演する狩野英孝、田中卓志(アンガールズ)、村上健志(フルーツポンチ)、カズレーザー(メイプル超合金)も取材に同席。

 田中は「ゴールデンではコンプライアンスを言われて(内容が)ゆるくなるかと思ったら、体当たりシミュレーションについてはエグくなって。芸人の体が持たない」と悲鳴。カズレーザーも「いままでもキツめの企画に呼ばれることが多かったが、中世の拷問でしかみたことがない競技が出てきた」と半ばあきれ顔でロケを振り返った。

村上は「アメトーーク!といえば、日曜日といわれるくらい頑張りたい。若手芸人にとってアメトーーク!に出るのはブレイクへの登竜門。週2回に放送が増えれば、チャンスも2倍。しかも、ゴールデンでいきなりデビューできるかもしれないと、話題になっている」と話すと、なぜか狩野が「チャンスが増えるって言っているうちは3流」と上から目線でダメ出し。「僕ら、いつでも出られるように肩あたためまくっていますからね。どんどん若手も出てきたら、常連と言われている芸人が押し出されて居場所がなくなっちゃう。チャンスと思っているようじゃだめ、押し出されないように危機感を持つのが、2流」と自ら「2流」を宣言して笑いを誘った。

 そんな後輩芸人たちに宮迫は「登竜門と言ってくださるけど、1回で売れようと思うな」とアドバイス。「本来の状態でなく終わっていく芸人を何人も見ている。何回か出るうちに認知されるように、リラックスして来てほしい」と話していた。

最終更新:9/30(金) 19:14

オリコン

なぜ今? 首相主導の働き方改革