ここから本文です

chay、石原さとみ主演ドラマ『校閲ガール』OP担当 「12月の雨」カバー

オリコン 9/30(金) 22:49配信

 モデルとしても活躍する歌手のchayが9月30日、都内で自身初となる弾き語りライブ『chay's room vol.1~One mic,One guitar~』を開催。アンコールで、10月5日よりスタートする石原さとみ主演の連続ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系・毎週水曜 後10:00)のオープニングテーマを担当することを発表した。

【写真】自身初となる弾き語りライブの模様

 オープニング曲は、松任谷由実「12月の雨」のカバー。「ユーミンさんの大ファン」というchayは「どうやったら自分なりの表現ができるのか、歌えるのかを模索しながらレコーディングしました」といい、カバー曲のプロデューサーに元はっぴいえんどの鈴木茂氏らが参加したことも明かされた。

 chayは「新鮮なアレンジになったのでは。歌い方はいつもとちょっと違う」と紹介し、きょうのライブでは弾き語りバージョンをファン300人に初披露。同楽曲は10月19日から先行配信がスタートする。

 この日のライブは、chayが「念願だった」という弾き語り形式で、バンドのサポートメンバーは一切おらず、ステージにはギターとピアノのみ。「chayの部屋」をコンセプトにしており、テーブルや間接照明など私物も持ち込まれた。

 「あなたに恋をしてみました」など自身の楽曲のほか、開演前にファンからリクエストを受付け、ザ・ビートルズの「Let It Be」、中島みゆきの「空と君のあいだに」、テイラー・スウィフトの「We Are Never Ever Getting Back Together」などをカバーした。

 なお、弾き語りライブ第2弾が11月2日に開催されることも併せて告知された。

最終更新:9/30(金) 22:49

オリコン