ここから本文です

ベッキー、新ラジオがスタート 不倫騒動改めて謝罪「すべての声を受けとめて」

オリコン 10/2(日) 0:00配信

 タレントのベッキー(32)が、10月1日深夜放送のJFN系列FMラジオ新番組『ミッドナイト・ダイバーシティー~正気のSaturday Night』(深0:00~)に生出演。今年2月14日に放送を終えた冠番組『ベッキー♪ GO LUCKY』(TOKYO FM)以来、およそ7ヶ月半ぶりのラジオ出演となった。

 番組冒頭では「みなさん、こんばんは。きょうからスタートした新番組で、毎月第一土曜日のMCを担当しますベッキーです」と落ち着いたトーンであいさつ。初挑戦となる“生ラジオ”に緊張した様子で「初めての生放送のラジオで、ちょっぴりドキドキ」と話しながらも、「今、私が話したいこと、話さなければいけないことがたくさんありますので、最後までお付き合いください」と呼びかけた。

 その直後のMCパートでは、ロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫騒動にも触れ「今年の騒動で、お騒がせしました。ごめんなさい」と改めて謝罪。「すべての声を受けとめております。一歩一歩、歩んでいきたいと思っております。活動をお休みしている間に思ったこととか、気づいたこととか、学んだことなどもこの番組にも活かせていけたらいいなと思っています」と明かした。

 2月に休業して以降、この8ヶ月間の過ごし方については「ちょっと前半と後半で違いましたね。始めの方は、基本的にずっと家にいて、ただただ反省をしていました」とコメント。活動を再開した6月あたりから、少しずつ外出も増えてきたそうで「これまで学ぶ時間がなかったから、お料理とかいろんな習い事をしていました。テレビとかも春過ぎから観るようになったんですけど、最初はEテレ中心だったな」と振り返っていた。

 同番組は、多様性の時代の中で独自のスタイルで輝いている表現者たちが、情報過多の世の中でさまよう若者たちにメッセージを届ける、新たなエンタメラジオプログラム。DJは週替わり制となっており、1週目のベッキー以降はオアシズ、ダイノジ、若手ロックバンド・キュウソネコカミのヤマサキセイヤの順で担当する。

最終更新:10/2(日) 2:07

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]