ここから本文です

【GOLF】野村、上原、さくら揃って浮上 B.ヘンダーソンとM.J.ハーが首位

ISM 9/30(金) 17:35配信

 米女子ツアーのレインウッドLPGAクラシック(中国/レインウッド・パインバレーGC)が現地時間30日に第2ラウンドの競技を終了。バーディ合戦が繰り広げられた上位陣では、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、M.J.ハー(韓)が首位を分け合い、3人出場の日本勢は野村敏京、上原彩子、横峯さくらが揃って順位を上げて大会を折り返している。

 週末の巻き返しへ、2日目は日本勢も揃ってスコアを伸ばす展開に。38位タイから浮上を目指した野村は、フェアウェイキープ率92.8%と安定したショットを軸に後半4番までをノーボギーの4アンダー。8番での唯一のボギーを最終9番で取り返し、5バーディ、1ボギーの「69」で通算4アンダー23位タイとなった。上位との差は開いたが、ムービングサタデーで猛チャージとなるか。

 49位タイからスタートの上原は8番でロングパットを沈めるなど5バーディ、2ボギーで回り、通算2アンダー34位タイに浮上。初日にノーバーディの「78」と苦戦した横峯も、3連続を含む計5バーディを奪う一方でボギーを1つに抑え、通算1オーバー58位タイで週末を迎えることとなった。なお、今大会は予選落ちなしの4日間の日程で争われる。

 通算14アンダーでトップにつけたヘンダーソンは、連日の「66」で今季3勝目へ前進。8位タイから出たM.J.ハーは、2イーグル、7バーディ、1ボギーの10アンダー63を叩き出し、2014年9月以来のツアー3勝目へ絶好の位置で36ホールを終えた。

 第1回大会覇者のフォン・シャンシャン(中)は「65」で通算13アンダーとし、1打差単独3位と好位置をキープしている。一方、単独トップ発進を切っていたアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)は「75」と崩れ、通算6アンダー10位タイに後退となった。

最終更新:9/30(金) 20:15

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。