ここから本文です

【GOLF】堀琴音が「67」で単独トップ! 15歳アマ長野が1打差2位

ISM 9/30(金) 18:50配信

 国内女子ツアーの今季公式戦第3戦 日本女子オープンゴルフ選手権競技が30日、栃木県の烏山城カントリークラブ 二の丸/三の丸コースで第2ラウンドの競技を終了。ツアー初勝利を狙う堀琴音が通算5アンダー単独首位に立ち、アマチュアの長野未祈(麗澤高1年)が1打差2位に続いた。

 メジャーの難条件下でアンダーパーが10人程度にとどまる中、堀と15歳アマの長野が連日スコアを伸ばし、優勝争いの最前線に立った。20歳の堀は2打差5位タイから出ると、4バーディ、ノーボギーの「67」で奪首。4バーディ、2ボギーの「69」で一足早くホールアウトしていた長野を上り2連続バーディでかわし、一気にトップへ躍り出た。

 通算2アンダー3位につけたのは柏原明日架。堀と同じく5位タイからのスタートで連日の1アンダー70と、こちらもアンダーパーを続けて好位置を維持している。以下、通算1アダン―4位タイに公式戦2連勝を狙う鈴木愛、昨季大会でプレーオフに散った菊地絵理香、そして申ジエ、李知姫の韓国勢が続く。

 今季2勝で賞金ランキング2位の笠りつ子は通算イーブンパーに1つ後退し、キム・ハヌル(韓)、有村智恵、アマチュアの畑岡奈紗(ルネサンス高3年)らと8位タイ。前日首位の森田遥は「76」と崩れて通算2オーバー18位タイとなっている。

 そのほか、昨季覇者チョン・インジ(韓)は初日から「75-72」と苦戦が続き、通算5オーバー43位タイで決勝ラウンドへ。一方で13歳アマの梶谷翼(山陽女子中1年)は通算9オーバーで予選落ちに終わった。

最終更新:9/30(金) 18:50

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。