ここから本文です

【インタビュー】千聖、<Crazy Monsters>の醍醐味を大いに語る&HEROコラボルーム・キャンペーン第三弾スタート

BARKS 9/30(金) 17:51配信

Crack 6のMSTR(千聖from PENICILLIN)が主催する通算4回目となるハロウィンイベント<Crazy Monsters~HALLOWEEN PARTY 2016~>が、今年は規模を広げ、10月22日の大阪を皮切りに10月30日の東京ファイナルまで東名阪で開催される。毎年、派手な仮装も話題となる本イベントに合わせて、ビッグエコー大久保駅前店には<Crazy Monsters>のコラボルームがオープン中だ(8月19日から10月31日)。コラボルームでは出演バンドのスペシャル映像に合わせてカラオケやMSTRの歌唱アドバイス付きメッセージ映像が楽しめるほか、アーティストの衣装も展示。壁面にはクレモン出演アーティスト全員のサイン色紙(サインと生指型入り)がディスプレイされ、コラボルーム終了後に希望者に抽選でプレゼント(当ルームを利用して応募券に好きなメンバー名を記入してエントリーすると、10月30日の「Crazy Monsters ~HALLOWEEN PARTY 2016~」内で抽選会が行われる)という企画も。BARKSでは、このスペシャルコラボルーム内にてMSTRにインタビュー。近年、盛り上がりを見せている<Crazy Monsters>を発案したキッカケとなった出来事やそのヒストリーについて、そして今年も仮装全開で楽しみませてくれるであろう“HALLOWEEN PARTY”について話を聞いた。

■<Crazy Monsters>は演奏する側も見る側も楽しめるあたたかいイベント
■30代以上の人たちが集まるフェスはなかなかないから一緒にやるのも面白いんじゃない?

──今年もCrack 6のMSTR(千聖from PENICILLIN)主催のハロウィンイベント<Crazy Monsters~HALLOWEEN PARTY 2016~>が東名阪で開催されますが、そもそも、“Crazy Monsters”はどんなキッカケから始まったイベントなんですか?

MSTR(千聖):原点について遡って話すのは初めてかもしれないですね。最初はヴィジュアル系のハロウィンのイベントって意外と少ないなと思ったのがキッカケだったんです。「なんで、みんな、あまりやらないんだろうな」と思ったのが始まりです。ハロウィンは仮装して楽しめるイベントだし、ボクらみたいなジャンルこそもっと派手にやってもいいんじゃないかなって。

──素朴な疑問から始まったわけですね。

MSTR:それこそ10年ぐらい前から一般の人がパーティをやり始めたので「だったら、いくつかバンドを集めてイベントやったら面白いのに」とはずいぶん前から思っていたんです。イベントを開催する前はCrack6でハロウィンにワンマンライブをやってはいたものの、それだとお祭り感に欠ける。なので、まず原宿アストロホールを押さえて「ハロウィンイベントやるんだけど、誰か出ない?」って声をかけたのが始まりですね。それが2012年でGOTCHAROCKAとν〔NEU〕の3バンドで開催した最初のライブが<千聖プロデュース! ハロウィンイベントライブ>です。そのイベントに向けた特別番組『Crazy Pumpkins』をニコニコ生放送でオンエアしたりしたのが、<Crazy Monsters>の走りになったんじゃないかな。

──2012年のイベントがキッカケとなって<Crazy Monsters>の一連のイベントが定着していくんですか?

MSTR:そうですね。その流れでイベントツアーをやりたいねっていう話に発展していって、2013年に<Crazy Monsters~4 Piece Place Tour 2013~>と銘打って東名阪ツアーを廻ったんですよ。その時に出演したのがGOTCHAROCKA、ν[NEU]、THE MICRO HEAD 4N'S、ALvino(最終日のみ)です。当時はTHE MICRO HEAD 4N'SのヴォーカルがRickyさんだったので「ツアーにRickyさんやSHUN.君達がいたら面白いかな?」ぐらいの感覚でしたね(笑)、確か最終日に初めてAlvinoが参加したんですよ。そこでKOJIくん(G.)や潤ちゃん(G.)と初めてしゃべって。

──PENICILLINとLa'cryma Christiは同時期にシーンで活躍していたのに初めて話したというのも意外ですね。

MSTR:そうなんです、なぜか機会に巡り合えなかったんですよね。特にKOJIくんは(笑)。そこらへんからTHE MICRO HEAD 4N'SのメンバーやAlvinoのメンバーと交流が深くなり始めて<Crazy Monsters>というイベントをもっと盛り上げようっていう話になり、ハロウィンに毎年、開催するようになったんです。それからかな?Daccoだったり、C4やS.Q.F.も参加するようになって、最近ではwyseが参加してくれています。Daccoも一度出たら「あたたかいイベントなのでもう一度出演したいです」って言ってくれて、「良かったな」と思ったりして。

──年を追うごとに、どんどん参加者が増えていったんですね。

MSTR:わらしべ長者みたいに(笑)。

──はははは。

MSTR:「ハコ押さえちゃったんだけど、誰か出ない?」から始まって、あれよあれよという間にいろんな方々が参加するようになりましたね。

──いつしかCrazy Monsters=クレモンと略されるぐらいにヴィジュアルシーンで有名なイベントになっていったという。

MSTR:ともすれば最近のイベントを見てると自分の知らないアーティストのライブは見なかったり、極端な場合、その場にしゃがんじゃったりしますよね。<Crazy Monsters>は自分の目当て以外のバンドもちゃんと見てくれるし、演奏する側も見る側もお互いに影響し合って楽しんでいるあたたかいイベントなんですよ。あと30代以上の同世代のヴィジュアル系バンドが中心に集結する人たちが集まるお祭りはなかなかないから、ハロウィンというのもありつつ、「だったら一緒にやるのも面白いんじゃない?」っていう気持ちも原点としてあったんですよね。ノリや向いてる方向が違うバンドを無理やり繋げる必要はないと思っていて、<Crazy Monsters>の場合は、今のところアダルトヴィジュアル系ってやつなんですかね?(笑)。まぁ単純に有志を募っているだけなんですけどね。

──2014年にはCrack 6のミニアルバム『Crazy Monsters Parade』にCrazy Monstersのテーマ曲が収録されて、Rickyさん、KOJIさんと潤さん(Alvino)、SHUNさん(THE MICRO HEAD 4N'S)がゲストで参加しましたよね。

MSTR:そう、そう。盛り上がって「じゃあ、このイベントのテーマ曲を作っちゃおうぜ」って「Crazy Monsters~All Monsters ver.~」っていう曲をレコーディングしてMVまで撮っちゃったり。そのあたりから、「クレモンフェス」っていうネーミングのイベントにも発展していきました。

──今年の夏には<Crazy Monsters「クレモンフェス」~夏の浴衣祭り2016~>が川崎クラブチッタで開催されたりもしましたね。

MSTR:そうですね。今年の春に新木場STUDIO COASTで開催した<Crazy Monsters「クレモンフェス」~春の祭典2016~>にはゲストでMORRIEさんが参加してくれました。ハロウィンから始まったのが春、夏、秋とだんだん増えてきているので、冬にもイベントをやるようになったらオールシーズンですね(笑)。

■期間限定の<HALLOWEEN PARTY>のコラボルームに遊びに来てほしいです
■カラオケだけではなくいろいろな角度から楽しめるルームになっているので

──今年のハロウィンは10月30日のファイナルにROLLYさんがスペシャルゲストとして参加されるんですよね。

MSTR:そうなんです。今年は先輩をゲストに迎えている時もあるんですけど、毎年、毎年、何らかのチャレンジはしていきたいと思ってます。<HALLOWEEN PARTY>に関しては、出演者がみんな仮装してステージに出てくるので、アンコールで毎年、仮装大賞というかMVP賞が優秀者に贈られるんです。ただ、選ぶのにかなり時間がかかるので立って見ているお客さんも大変だと思い、今年はファイナル後の11月2日に「クレモン・アワード」と題して別日を設けています。

──それも初の試みですね。

MSTR:そうですね。いわゆる「授賞式」をやってみようと思って。

──そして何と今年はビッグエコー大久保駅前店に<Crazy Monsters>のコラボルームがオープン中と、さらに広がりを見せています。

MSTR:そうですね。コラボルームができるなんて、<Crazy Pumpkins>時代を振り返ったら「よくここまで来たな」と思いますね。実際、「コラボルームで遊んできました」っていう感想ももらっていて嬉しいですね。

──ここに遊びに来るとどんなことが体験できちゃうんですか?

MSTR:まず、イベントに出演するバンドのMVが流れてカラオケができるんです。カラオケは他店にも入っていると思いますけど、<Crazy Monsters>の出演アーティスト関連だけがこんなに集中しているのが斬新なんじゃないかと。あと、壁に貼ってあるサイン色紙のサインと生指型は夏の<クレモンフェス>で出演メンバーみんなに書いてもらったものです。手形だから相撲部屋ならぬクレモン部屋みたいな(笑)。それと来場者はこの部屋で寄せ書きもできるんです。(見ながら)「早起きして来ました」っていう人もいますね。初の試みとしては…ボクの衣装が展示されているんですよね!(笑)。

──MSTRが実際にステージで着ていた衣装ですね。

MSTR:そうなんです。この前「PENICILLINでこのパンツを使いたいんだけど」って言ったら「今、展示されてるから無理です」って言われました(笑)。本当にライブで着ている服なので、汗だくになってるから匂うかもしれないよってさんざんTwitterでつぶやいてたら、ガラス貼りだったっていう。


──(笑)匂いはガラスケースに封じこめられているんですね。

MSTR:そう、そう。開けたらとんでもないんじゃないかっていう。でも、まさにクレモンづくしの部屋ですね。ビッグエコーというより、ビックリエコー(笑)。

──わはははは。ダジャレが出ましたね。

MSTR:ぜひ期間限定なので<HALLOWEEN PARTY>に向けて、遊びに来てほしいです。カラオケだけではなく、いろいろな角度から楽しめるコラボルームになっているので。

──ちなみに今年は東名阪で開催されますが、これも初ですよね。

MSTR:そうなんですよ。春や夏のイベントツアーでは地方にも行っているんですけど、<HALLOWEEN PARTY>は今まで東京だけだったので初ですね。ふだんのクレモンといちばん違うのは出演者の仮装ですね。ちなみに去年、初めて出たwyseは「ルパン三世」の格好で登場しましたからね(笑)。みんなの仮装を見て、仮装大賞の行方を予想したりして楽しむのもこのイベントの醍醐味だと思います。バンド全体の仮装が良かったとか、Rickyさんの格好が変だったとか(笑)、C4のTOKIさんがカッコ良かったとか個人の評価も賞に反映されるので。ちなみに毎年、仮装に関してはお互いに「今年、どんな格好する?」っていう話はしないんです。

──だったら当日、仮装がかぶる可能性もありますよね。

MSTR:ドラキュラが3人いたこともありました(笑)。ライブ当日にALvinoのKOJIくんに(ドラキュラ用の)コートを貸したこともありますよ。

──今年はポケモンのキャラとか、多いのかも。

MSTR:(笑)かぶるかもしれないですね。あと、このイベントって出演が予定されていないアーティストが仮装していきなり登場したりする時もあるんです。

──そんなサプライズもアリなんですね。

MSTR:勝手に飛び入りしてきます(笑)。去年はアンティック-珈琲店-のゆうきくん(Key.)がいきなり登場したし、一昨年はHIROKIさんが急遽、遊びに来てくれたし、そういう予定外のことも面白いんです。

──最後にイベントのトリをいつもビシッとキメるCrack 6のステージはどうなりそうですか?

MSTR:個人的な話になりますけど、ボク、今年の9月23日でソロデビュー20周年なんですよ。<HALLOWEEN PARTY>は20周年イヤーの始まりのイベントでもあるので、もしかしたらCrack 6の曲だけではなく千聖としての曲も1曲ぐらいやるかもしれないですね。

取材・文● Hiroko Yamamoto

インタビューにもあるように、<Crazy Monsters~HALLOWEEN PARTY 2016~>の追加公演<クレモン・アワード>の開催が決定している。この追加公演では、出演した各バンドの代表者がハロウィンライブツアーを振り返って、いろいろな出来事などを語り尽くす内容となる。またここで2016年のコスプレ大賞の発表も行われる。誰がコスプレ大賞を獲得するのか? これも<HALLOWEEN PARTY>の楽しみの一つだ。お楽しみに!

<CRAZY MONSTERSコラボルーム オープン記念キャンペーン実施中!>
期間中CRAZY MONSTERSコラボルームご利用の方から抽選で、CRAZY MONSTERSに飾ってあるお好きなメンバーサイン入りCRAZY生指型を抽選でプレゼントします!

キャンペーン期間:8/19(金)~10/29(土)
対象アーティスト:Crack6/ALvino/THE MICRO HEAD 4N'S/Ricky/S.Q.F/アンティック-珈琲店-/HERO/葵-168-/最上川 司ほか

※応募方法はコラボルームご利用時に受け取る応募券をお店で投函して下さい。
※当選発表は10/30(日)のCrazy Monsters~HALLOWEEN PARTY 2016~にて、当選確認は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

<Crazy Monsters ~HALLOWEEN PARTY 2016~>
■大阪 ※チケットが残りわずか
10月22日(土) 大阪MUSE
出演:Crack6、Alvino、THE MICRO HEAD 4N’S、Ricky、C4、S.Q.F、defspiral 司会:矢田耕平
■名古屋
10月23日(日) 名古屋E.L.L
出演:Crack6、Alvino、THE MICRO HEAD 4N’S、Ricky、C4、S.Q.F、defspiral 司会:矢田耕平
■東京 ※チケットが残りわずか
10月30日(日) 東京・新宿ReNY
出演:ROLLY(スペシャルゲスト)、Crack6、Alvino、THE MICRO HEAD 4N’S、Ricky、C4、S.Q.F、wyse 司会:Dacco、矢田耕平
OPEN 16:00 / START 16:00
スタンディング ¥5,500(税込/ドリンク代別)

<Crazy Monsters ~HALLOWEEN AFTER PARTY 2016~>
「クレモン・アワード」
2016.11.2(水)高田馬場AREA
出演:HALLOWEEN PARTY ALL STARS 司会:矢田耕平
OPEN 18:30 / START 19:00
前売券¥2,500(税込/ドリンク代別)

コラボルーム
■<Crazy Monsters>コラボルーム
オープン日:2016年8月19日(金)
場所:ビッグエコー大久保駅前店 
予約番号:03-5337-5151
予約開始:2016年8月15日(月)から

■HEROコラボルーム オープン記念キャンペーン第三弾決定

<Crazy Monsters>と同じく、8/19よりコラボルームをビッグエコー大久保駅前店で実施しているHEROのオープン記念キャンペーン第三弾が決定した。昨年12月、8/19からの第一弾、そして9/1からの第二弾に続く第三弾となる。

キャンペーンの内容は、10/1~10/25までの期間中に、<CRAZY MONSTERS>コラボルームを利用した人から抽選で5名に、HEROメンバーサイン入り色紙やサイン入りロングバナーがプレゼントされる。

なお、9/1~9/30までは、サイン入りオリジナルポスターがプレゼントされることになっている。

また、HEROのカラオケインストアイベントが開催されることが決定した。10/26(水)に都内某所で開催される。詳細はHEROオフィシャルサイトで後日発表されるので、しっかりチェックしておきたい。

HEROは、8月24日に約1年ぶりのニューシングル「LOVE LETTER」をリリース。CDは全5形態あり、タイトル曲「LOVE LETTER」「Shall We Sing」の2曲は共通で、3曲目はライブバージョンをタイプ別に収録する。そして、このニューシングルを引っ提げて<ONEMAN TOUR 2016 「LOVE LETTER」>が、9/24名古屋ell.FITS ALLを皮切りにスタートしている。

キャンペーン情報
キャンペーン期間:10月1日(土)~10月25日(火)
プレゼント第3弾:サイン入り色紙 4名様
サイン入りロングバナー 1名様
場所:ビッグエコー大久保駅前店
予約番号:03-5337-5151

※現在キャンペーン第2弾実施中
キャンペーン期間:9月1日(木)~9月30日(金)
プレゼント第2弾:サイン入りオリジナルポスター 5名様

<HEROカラオケインストアイベント>
HEROカラオケインストアイベント開催決定
日程:10/26(水)
場所:都内某所
詳細はHEROオフィシャルサイトで後日発表

HERO リリース情報
ニューシングル「LOVE LETTER」
2016年8月24日発売
¥1,080(税込)・全5形態・各3曲
通常盤:POCS-1458、JIN ver.:POCS-1459、SARSHIver.:POCS-1460、YU-TA ver.:POCS-1461、yusuke ver.:POCS-1462
【収録曲】
1. 「LOVE LETTER」
2. Shall We Sing
3. Live ver.をタイプ別に収録 「Life」/極超歌劇愛歌~Hyper Ultra Love song~/「終わり」の歌/カントリーロード/「PURE SONG」

最終更新:9/30(金) 17:51

BARKS