ここから本文です

企業と「LGBT」就活生、初の大規模交流イベント グローバル化で多様性に理解

弁護士ドットコム 9/30(金) 12:33配信

LGBT など性的マイノリティーの就活生らと企業が交流するワークエキスポ「RAINBOW CROSSING TOKYO」(主催:NPO法人ReBit)が10月8日、東京都港区のベルサール三田で開かれる。主催者によると、LGBTの就活生と複数の企業が一堂に会する大規模イベントは初めて。参加無料だが、事前申込が必要。

性的マイノリティーは全人口の7.6%いるといわれる(「電通ダイバーシティ・ラボ」2015年調査)。しかし、周囲に打ち明けている人は少なく、あまり可視化されていない。

ReBitによると、性的マイノリティーの就活生は3万人以上いるとみられるが、希望する企業に理解があるかどうかなど、不安を抱えている人が多いという。イベントを通じ、就活生と企業の相互理解を深め、「自分らしく」働ける社会の実現につなげることがねらいだ。

参加企業はグーグルや野村證券、NTTグループなど、従業員のダイバーシティー(多様性)推進に取り組む12社・団体。各企業が実践しているLGBT向けの施策を紹介したり、個別ブースで学生たちと意見を交わしたりする。LGBTであることを公表して働く社会人の講演などもある。

主催するReBitの担当者は「たった1日で、多様な職場と、多様な働き方に出会えます」とイベントをPRする。同時に「性的マイノリティーの同僚が自分らしくはたらける職場をつくるために勉強したい、というアライ(理解者)の方には特にぜひ参加していただきたいです」と参加者の多様化も希望している。

【参加12企業・団体】

日本電気(NEC)、グーグル、野村證券、ギャップジャパン、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス、NTTグループ、アクセンチュア、日本航空(JAL)、資生堂、LITALICO、日本アイ・ビー・エム、LGBTファイナンス(金融関係企業のグループ)

弁護士ドットコムニュース編集部

最終更新:9/30(金) 12:33

弁護士ドットコム

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。