ここから本文です

東京ヴェルディがゲームプレイヤーと選手契約 狙いは?

BuzzFeed Japan 9/30(金) 7:00配信

東京ヴェルディ1969が、ゲームプレイヤーを“所属選手”として抱えるeスポーツ部門を立ち上げた。

サッカーとゲームの接点はどこにあるのか? 今後の展開は? BuzzFeed Newsはクラブチームとしての狙いを担当者に聞いた。【BuzzFeed / 山崎春奈】

eスポーツとは、ビデオゲームの対戦をスポーツ競技として捉えた名称。世界的に人気は拡大しており、プレイヤーが増えている注目の分野だ。

すでに米国や韓国にはプロリーグがあり、年間1億円以上を稼ぐトッププロも存在している。

「海外も含め、より広く東京ヴェルディの名前を知ってもらいたい。新たなファンやスポンサーの獲得につながれば」

東京ヴェルディの担当者、森太郎さんは、設立の意図をこう話す。

新たな競技としての期待

立ち上げのきっかけは、11月に開幕する「日本eスポーツリーグ」の主催者から出場チームの1つとして参加の打診があったことだった。

サッカー以外にも、バレーボールやトライアスロンのチームも抱え、総合型スポーツクラブを目指す東京ヴェルディ。競技の1つとして、eスポーツには以前から注目していたという。

日本ではまだ発展途上だが、海外大会は多数行われており、アジアでは中韓などですでに人気が高い。

既存のスポーツジャンルを超え、海を越え、より広い層のファンにリーチできるのではないかという。

サッカーチームがeスポーツ部門を持つのは、Jリーグに所属するクラブチームとしては初の試みだが、海外での前例はいくつかある。

マンチェスター・シティやシャルケ、バレンシアなどのトップクラブも独立部門を持って活動し、ゲームファンにも親しまれている。

ゲーマーとサッカーの距離

森さんは、東京ヴェルディがeスポーツチームを運営する上で「万単位の人が集まる場所がすでにあること」が大きなメリットの1つと捉えている。

スタジアムという場所、そしてサッカーの試合を出発点に、サッカーファンがeスポーツに触れ、ゲームのファンが会場に足を運ぼうと思えるような、相乗効果がある施策を検討できればという。

「サッカーゲームをプレイしている人に聞くと、ゲーム内の戦略の参考にすべく、スタジアムへ実際の試合の観戦に行くこともあるようです」

「これまでサポーターとしてリーチできなかった層でも、親近感を感じている人は多いはず。ゲーマーとサッカーの距離は案外近い。もっと距離を縮めていきたい」

1/2ページ

最終更新:9/30(金) 8:20

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。