ここから本文です

小池都知事「引き継ぎやチェックがいい加減で、責任感が欠如していた」豊洲市場問題の調査報告

ログミー 9/30(金) 16:07配信

9月30日、小池百合子都知事が定例記者会見のなかで豊洲市場問題の調査報告を実施。引き継ぎやチェックがいい加減だったことを問題だとし、再発防止のために、都庁マネジメント本部を設置したと発表しました。

豊洲市場問題で重要な点は2つ

小池百合子氏(以下、小池):それでは、本日の定例記者会見を始めますが、今日はまたテレビ台数が多くて、すごいですね。

今日は4点お伝えすることがございます。まず、フラッグツアーを行う件でありますけれども、オリンピック・パラリンピック、2本の旗が揃いました。それを、都内各地に、私がまさしく旗振り役としてみなさまにお披露目をし、そしてそれぞれの地域でのオリンピック・パラリンピックに向けた機運を高めていこうという、そういう趣旨でございます。

10月8日に小笠原村、そして翌9日には奥多摩町へ赴きます。そして、フラッグの方でありますけれども、八王子のシルク生地で制作されたものとなっております。八王子の産品、繊維生産品ということでお願いをしたものでございます。

そして、視察先でございますけれども、小笠原村では、小笠原のビジターセンターなど。それから奥多摩町では、小河内ダム水道水の水原林などを予定しておりまして、そのほか檜原村も訪問をする予定でございます。私にとりましては、フラッグとともにそれぞれの東京都内を視察をするといういいチャンスになろうかと考えております。 

次に、こちらもオリンピック・パラリンピック絡みとなりますが、今回のリオ大会のメダリストの表彰式を10月12日に開催をいたします。今回、大変活躍をしてくれました、オリンピック・パラリンピックの選手のみなさん。多くの都民に大きな感動と活力を与えてくれたみなさまに対して、都民を代表して敬意を表するという趣旨でございます。

今大会メダルを獲得いたしました、東京に縁のあるアスリートは、合わせまして51名であります。その功績をたたえて、「都民スポーツ大賞」を贈呈いたしまして、お祝いを申し上げると。

そして、その中でも9名のアスリートが金メダルを獲得しておりまして、こちらは加えて「東京都栄誉賞」をお送りすることになっております。次の東京大会では、さらに多くの東京アスリートが活躍することを期待しているところでございます。

詳細については、オリパラ局(注:東京都オリンピック・パラリンピック準備局)にお尋ねいただければと思います。

それから3番目でございますけれども、いわゆる豊洲市場の地下空間についてでありますけれども、自己検証をするように、ということで9月いっぱいを期限といたしましてまとめるように指示をしておりましたところ、事務方からその報告が届きましたので、お知らせをさせていただきます。

まず、基本的な考え方として、都の職員が自ら問題に向き合う、そして問題の原因を解明するということが必要と考えまして、まさしく都政改革本部にあります、第一の「自立改革」ということで、都の職員自らが今回なにが問題であったのかということを、この調査にあたらせた、検証にあたらせたところでございます。

そして、この会見の後に事務方から調査結果についての詳細なご報告について説明をさせますけれども、私の方から重要な2点についてお伝えをしておきます。

まず1点目でありますけれども、「いつ、どの時点で誰が盛り土をしないということを決定してそういうことになったのか」という点であります。論点が、「いつ、どの時点で誰が決定して、盛り土をしないことになったのか」。

2点目。「なぜ、都議会、都民などへの説明責任を果たしてこなかったのか」ということであります。都民への、都への説明責任ということでありますけれども、例えば、ホームページ上でずっと「建物の下にも盛り土があるという説明図をそのまま掲載し続けた」という点でございます。都議会における答弁などでも明確な事実を伝えていなかったという点などがございます。

1/5ページ

最終更新:9/30(金) 16:07

ログミー

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。