ここから本文です

【映像】イスラエル前大統領の国葬 パレスチナ議長も参列

AP通信 9/30(金) 16:56配信

 [エルサレム イスラエル 30日 AP]

 イスラエルのシモン・ペレス前大統領の国葬が30日、エルサレムにある「へルツルの丘」で営まれた。
 国葬には約600人が参列し、この中には英国のチャールズ皇太子や、バラク・オバマ米大統領など各国首脳、パレスチナ暫定自治政府のアッバス議長が含まれる。
 ペレス氏は28日に脳卒中で死去。93歳だった。

 ペレス氏は1923年にポーランド(現ベラルーシ)に生まれ、1934年に家族と英委任統治領パレスチナへ移住。軍事・政治に携わり、国防相、首相、外相を経た2007年にイスラエル大統領に就任し、2014年の政界引退まで7期務めた。
 外相時代の1993年にはパレスチナ解放機構(PLO)との歴史的和解、パレスチナ暫定自治を定めたオスロ合意の成立に尽力し、1994年にその功績が認められ、当時のイスラエル首相ラビン氏、PLOアラファト議長とノーベル平和賞を受賞した。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:9/30(金) 16:56

AP通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。