ここから本文です

エプソンが有機EL搭載の第3世代スマートグラス、その威力は?

ニュースイッチ 9/30(金) 7:44配信

ARがさらにリアルに。ドローン操縦しながら撮影映像を見られる!

 セイコーエプソンは、第3世代スマートグラスのモベリオ「BT―300」を11月30日に発売する。

 光学エンジンに独自構造のシリコン有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレーを搭載。高精細な映像と、重さ69グラムという軽量化を実現した。想定価格は8万円台前半(消費税抜き)。今後2年間でシリーズで約5万台の国内販売を目指す。

 本体には位置を測るセンサーやカメラを搭載。中国のDJI製の飛行ロボット(ドローン)を操縦しながら、ドローンが撮影した映像を視認できる専用アプリケーション(応用ソフト)なども提供する。

 また、美術館ガイドなど商業利用向けの「BT―350」と、前機種をベースにヘルメット装着など業務で利用しやすくした「BT―2200」を2017年2月に発売する。

最終更新:9/30(金) 7:44

ニュースイッチ