ここから本文です

第2シードのキリオスが初戦敗退、8強ならず<男子テニス>

tennis365.net 9/30(金) 11:37配信

成都オープン

男子テニスツアーの成都オープン(中国/成都、ハード、ATP250)は29日、シングルス2回戦が行われ、第2シードのN・キリオス(オーストラリア)はK・アンダーソン(南アフリカ)に6-3, 6-7 (6-8), 2-6の逆転で敗れ、初戦で姿を消した。今大会は上位4シードが1回戦免除のため、2回戦からの登場だった。

【キリオス 錦織戦「悪い行為していない」】

この日、第1セットを先取したキリオスだったが、アンダーソンに24本ものサービスエースを叩き込まれ、1時間33分で力尽きた。

21歳のキリオスは、今年2月のオープン13(フランス/マルセイユ、ハード、ATP250)でツアー初優勝、8月のアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)では2勝目をあげた。

その後の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では3回戦で右臀部の怪我により途中棄権した。

勝利したアンダーソンは、準々決勝で第6シードのV・トロイキ(セルビア)と対戦する。

その他では第1シードのD・ティエム(オーストリア)、第5シードはA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)がベスト8へ進出している。

tennis365.net

最終更新:9/30(金) 11:37

tennis365.net

なぜ今? 首相主導の働き方改革