ここから本文です

【映像】ドゥテルテ大統領、自身をヒトラーと重ね「麻薬中毒者を虐殺したい」

アフロ 9/30(金) 18:07配信

 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は30日、アドルフ・ヒトラーと自身を重ね合わせ、「私は麻薬中毒者を虐殺したい」と発言した。

 2日間のベトナム訪問を終え帰国したドゥテルテ大統領はダバオで会見を行い、「ドイツにはヒトラーがいた。フィリピンには・・・」と自らをナチス・ドイツの指導者でユダヤ人を虐殺したアドルフ・ヒトラーと重ね合わせた。
 さらにドゥテルテ大統領は、「ヒトラーはユダヤ人300万人を虐殺した。私は国内の麻薬中毒者300万人を虐殺したい」と語り、「国の問題を終わらせ、地獄から次世代を救いたい」と取り締まりの手を緩めない姿勢を示した。
 ロイターによると、この発言でユダヤ人グループから非難の声が上がっている。

 フィリピンではドゥテルテ大統領が就任した6月以降、超法規的取り締まりで、警察や自警団が麻薬犯罪容疑者3000人以上を殺害したとされる。

(フィリピン、ダバオ 30日 映像:EFE/アフロ)

■アドルフ・ヒトラー(ナチス・ドイツ)■

最終更新:9/30(金) 19:39

アフロ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。