ここから本文です

ユヴェントスに勝った勢いはどこへやら…… UEL連敗のインテル指揮官「集中力が欠けていた」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/30(金) 15:00配信

悪夢の2連敗

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは29日、ヨーロッパリーグのグループステージ第2節でスパルタ・プラハ(チェコ)と対戦した。試合は、開始直後に失点したインテルは退場者を出すなど、その後も2ゴールを奪われて1-3で敗戦。UELでまさかの2連敗を喫し、最悪のスタートを切ることとなった。

試合後、インテルの指揮官フランク・デ・ブールがインタビューに応じ、次のように述べた。クラブの公式サイトが伝えている。

「サッカーでは、ゲームに対する姿勢が最も重要である。我々はこの試合で、集中することが全くできていなかった。後半は良くなったが、私の理想とはほど遠いものだったよ。スコアをタイに戻すチャンスがあったかもしれないけど、レッドカードで流れが変わってしまったね。今日の試合は、本当にミスが多かったし、相手に簡単にボールを奪われてしまっていた。これについては修正していかないとね」

グループステージを突破するには、もう負けられないインテル。はたして、この困難を乗り越えることができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/30(金) 15:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報