ここから本文です

【動画解説】台風18号 週明けに列島接近へ

ウェザーマップ 9/30(金) 12:32配信

 台風18号は、今後、急発達しながら北上する見込みです。3日にかけて非常に強い勢力で沖縄本島に近づき、4日から5日は西日本や東日本に接近して上陸するおそれも出てきています。

 台風18号は、雲の形や台風の眼が、まだあまり明瞭ではなく、発達のピークに入っていません。今後も、海面水温の高い海域を通って北上するため、発達を続ける見込みです。特に、沖縄近海は、海の表面だけではなく、深い所まで暖かくなっているため、台風は急発達するおそれがあります。沖縄本島には非常に強い勢力で近づくでしょう。沖縄本島は、今年最も大きく台風の影響を受けることになりそうです。
 台風は、4日ごろから東へ向きを変え、5日にかけて西日本や東日本に接近または上陸のおそれがあります。

 ただ、台風接近の前から、西日本や東日本には秋雨前線がかかっています。台風周辺の非常に湿った空気が流れ込んで、秋雨前線の活動は活発化しそうです。太平洋側ほど、早めの警戒が必要です。(気象予報士・國本未華)

最終更新:9/30(金) 12:32

ウェザーマップ